西郷隆盛には葬送曲が送られ、大久保利通は予知夢を見ていた――『青天を衝け』で“ナレ死”した彼らの死に際

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ

 西郷隆盛(博多華丸さん)がまさか「ナレ死」ならぬ「新聞死」……先週の『青天を衝け』(第33回「論語と算盤」)にはさすがに驚かされました。渋沢栄一は新政府を去ってすでに久しく、彼が重役を務める銀行が潰れるかどうかの瀬戸際だったにせよ、ドラマの中でそれなりの存在感で描かれていた西郷の死が、あまりにサラッと流されたことは(半ば予測できたにせよ)衝撃でした。この放送では、岩崎弥之助(忍成修吾さん)のセリフを通して大久保利通(石丸幹二さん)の死も伝えられました。

 もうひとり、三井組の重役だった三野村利左衛門(イッセー尾形さん)もナレ死を遂げましたね。ドラマ内で三野村はそこまで良い印象を持つようには描かれてきませんでしたが、小栗上野介こと小栗忠順(武田真治さん)に取り立てられて出世したという恩義があり、彼の遺児を養育しているという逸話が伝えられ、われわれが「へー」と思った矢先の死でした。

 今回は、実は“関連している”西郷隆盛と大久保利通の死について取り上げることにします。

 前々回のこの連載(こちら)でも少しお話ししたとおり、西郷は“明治維新の功労者”として、新政府の要職に巨額の報酬をもって迎えられていました。「西郷隆盛の年収は1億2000万円」などと聞いたことがある方も多いのでは? 筆者も先日、別の媒体でこの話に触れましたが、根拠はあります。明治5年(1872年)に陸軍元帥になった西郷の月給は500円で、明治前期の1円=現在の2万円に相当すると考えるケースも多いのです。

 場合によっては、2万円どころか、明治の1円=現在の10万円と考えなければツジツマが合わないこともあります。明治時代の日本は、現代と比べて物の値段は高く、人の労賃がきわめて安い時代だからです。明治13年(1880年)の労働者の給与水準は、大卒のサラリーマンの初任給が月給8円、巡査の初任給が月給4円というものでした。月に5円もあれば比較的に豊かな生活ができたのが、当時の日本の物価水準です。しかし、明治前期の1円=現在の2万円で換算すると、大卒サラリーマンでも月収16万円、公務員の巡査でも月収8万円になってしまい、今日の感覚ではやや低めの印象がします。

 過去の貨幣価値を現代に置き換える作業は難しいのですが、単純にいって、過去の世界では“上流階級”と“それ以外”で完全にすみ分けられていたと考えたほうがよいでしょうね。「西郷の月収500円」も、当時の庶民の感覚では桁外れの富裕層という印象でしょう。

 しかし、これだけ厚遇されていながらも、西郷の勤務態度はあまりよくありませんでした。それゆえ、明治6年(1873年)には他ならぬ盟友・大久保利通の手によって新政府での居場所を奪われ、鹿児島(薩摩)に戻らざるをえなくなったのです(「明治六年の政変」)。

 西郷が“年収1億2000万円”だった期間は1年足らずでしたが、彼の生涯最高給与が支払われていたこの時期、西郷の健康状態は心身ともに最悪でした。

 西郷が大久保と対立した末に新政府を追い出された「明治六年の政変」においては、その強硬主張が問題視されました。朝鮮を日本が武力制圧すべきという「征韓論」推進派の西郷と、反対派の大久保が全面対立したと語られがちですが、当時の西郷の主張はそもそも尋常とは言えないものだったのです。

 自分は長くないと悟った西郷は、己の死に場所を朝鮮半島に求めたがりました。当時、朝鮮はまだ鎖国を続けていましたが、西郷は「朝鮮開国を求める自分が当地で暗殺されれば、日本が軍隊派遣の口実を得られるはずだ。そこで戦争を起こして一気にカタを付けてしまえ!」などと、外交上の大問題に発展しかねない主張をして憚らなかったのでした。大久保は、こうした“誇大妄想狂”になってしまった盟友・西郷を断腸の思いで排斥するしかなくなったのです。

 大久保の態度に機嫌を損ねた西郷は、明治天皇に辞職の許しを得ぬまま、東京を去って鹿児島に下り、その後、九州中の不平士族たちに担ぎ上げられてしまいました。そして明治10年(1877年)初頭から、後に「西南戦争」と呼ばれる戦乱の中心人物として西郷は世間を騒がせることになったのです。

 このように『青天~』において西郷が“新聞死”を遂げた背景には、「大河ドラマ」では少々取り上げにくいダークな真相が隠されていたのでした。

 西郷軍を討つために新政府から派遣されて鹿児島に来た山縣有朋は、旧・長州藩出身者でしたが、西郷が目をかけて育てた人物でした。山縣率いる新政府軍が城山へ総攻撃を開始する前夜、つまり9月23日夜、後がない西郷隆盛のために、陸軍軍楽隊が葬送曲を演奏した記録すら残されています。「西南戦争」末期においても山縣、ひいては新政府の高官による西郷への敬愛は変わっていなかったことがうかがえます。

 人生最後の5日間を城山の洞窟で過ごした西郷は9月24日、ついに投降を思い立つのですが、下山の最中に新政府軍からの銃撃を受けて倒れ、同行していた別府晋介という部下に「もうこのへんでよか」と自害の意志を告げ、介錯を受けました。

 西郷の遺体は現場に残されていたものの、頭部はありませんでした。というのも、新政府軍が不平士族の反乱を起こした首謀者の首を痛めつける事例が報告されていたので(「佐賀の乱」の主領・江藤新平など)、西郷の首は当初、別の場所に隠されるようにして埋められたのです。

 ちなみに首もないのにどうして西郷の遺体だと判別できたかというと、それは彼の股間の特徴でした。西郷の検視書類に、はっきりと「睾丸水腫」の四文字が刻まれているのを筆者も確認しましたが、さすがに驚きました。西郷が巨大な睾丸の持ち主だったことは、敵味方に関係なく知れ渡っていたのです。西郷の股間がそうなった原因は、日本では奄美大島や沖縄で多く報告されていた寄生虫症「フィラリア症」の影響だったのではともいわれています。晩年には、西郷は肥満に加え、股間の膨らみが大変なことになっていたため馬に乗るのもひと苦労だったそうです。

 なお、一時は切り離され、別の場所に埋葬された西郷の首と身体は、山縣の尽力によって発見され、つなぎ合わせた上で浄光明寺跡に埋葬されました(現在の南洲神社の鳥居あたり)。その後、明治12年(1879年)に浄光明寺跡の仮埋葬墓から南洲墓地に改葬されたといいます。

大久保利通を暗殺したのは“西郷信者”

 ドラマでは、渋沢が西郷の死を嘆くシーンの後に、岩崎弥太郎(中村芝翫さん)に弟・弥之助が「大久保卿が殺されたと……不正士族に襲われて、めった刺しにされたと」と報告していましたが、これは西郷を排斥した大久保に、“西郷信者”ともいうべきシンパたちが刃で襲いかかった末に起きた惨劇でした。

 明治11年(1878年)年5月14日早朝、裏霞ヶ関の自宅から馬車に乗った大久保は、皇居に向かう途中、四谷・紀尾井坂あたりで、その“西郷信者”の若者6名に取り囲まれ、めった切りにされてしまいました。

 興味深いことに大久保はその数日前に“予知夢”を体験し、それを前島密に告げています。大久保は、西郷と崖の上で争いになり、崖から落ちて頭が割れ、脳がうごめいているのを夢で見て、「気持ち悪い」と感じたそうですが、それとまったく同じ事が数日後に起きるとは想像もしなかったでしょう。

 大久保の死因は首を刺されたことだったようですが、事故現場で検死に立ち会った前島いわく、「(大久保の)肉トビ骨砕ケ頭蓋裂ケ、頭脳ノミ尚微動スル」という惨憺たる光景には「茫然自失」するしかなかったようです。

 テロリストと化した西郷の信奉者の手で、内務卿(明治初期の事実上の首相)となっていた大久保が暗殺されたことは、明治新政府の権威を揺るがす大事件でした。『青天~』では石丸幹二さんという演技派を大久保に起用していたのですから、ここはもう少し、踏み込んだ描写があってほしかった!と思われます。しかも『青天~』には、木戸孝允や福沢諭吉などのようにセリフの中にしか名前が出てこない要人がかなりいた中、前島密はちゃんと登場していたのですから(三浦誠己さん)。

 明治新政府は、大久保暗殺事件で地に落ちた“国威”を豪勢きわまりない葬儀を行うことで回復しようとしました。西郷と大久保という重鎮に去られた後の新政府の高官たちの思考回路が、いかに短絡的なことか……。

 イギリスの新聞で報道された内容によると、5月17日、長さ九尺(約2.7メートル)、幅五尺(約1.5メートル)の巨大な棺に収められた大久保の遺体は、50人もの人夫(公役に徴用された人民)たちに担がれ、騎馬姿の警視局(当時)の面々らに先導されて青山墓地に向かって進みました。それに皇族、華族、上級役人たちの葬列が続いたので、沿道は高貴な人々の姿を拝みたい群衆たちで溢れかえったそうです。

 青山墓地に設けられた大久保の墓所は「一万五千円」も費やされ、整備されたといいます(当時の1円=現在の2万円のレートで計算すると3億円)。

 本編後のコーナー「青天を衝け 紀行」でも少し触れられていましたが、数々の公共福祉事業や、新政府内の赤字の補填まで私費で行っていた大久保が残したのは、わずかな現金と8000円もの借金でした(現在の貨幣価値で1億6000万円)。本人が聞いたら、「私の葬儀にそんな大金を使うくらいなら……」と絶句したような気がします。

<過去記事はコチラ>

  • 11/7 11:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます