俳優・津田寛治インタビュー、名バイプレイヤーの感じた行き詰まりと新境地とは?

拡大画像を見る

 子どもの頃からとにかく映画が好きで、大人になったら映画の仕事をやりたいと漠然と思っていました。

 映画に携わる仕事はたくさんあるけれど、花形はやっぱり監督です。ところが、親戚の叔父さんから「監督っていうのは頭が良くないとなれない。学校の成績がむちゃくちゃ悪いおまえがなれるわけがない」と言われてしまった。「だったら俳優になりたい」と、あさはかに考えたのが小学校の高学年くらいのときでした。

 その後、地元の高校に進学しましたが、いろいろあって退学することになり、そのときに上京して本気で俳優を目指そうと決心しました。

 それを母親に伝えた数日後、またもや叔父さんが登場して「母子家庭なのに、お母さんを置いて行くなんて、こんな親不孝はない。そもそも俳優で成功するなんてめったにないことだ」と、説教されたんです。

 でも、このときの僕は考えを翻しませんでした。なぜなら、学歴もなく、素行にも問題がある自分が、このまま地元にいたところで、たいした大人にはなれない。俳優になれる可能性が低いことなんて、重々承知しています。でも挑戦して、自分自身で「無理だった」と確かめないまま諦めたら、一生後悔する――そう思ったんです。

 そして56歳の今、幸いなことに俳優を続けられています。いわゆるバイプレイヤーとして、数多くの作品に出演させていただいてきましたが、一つ一つが“奇跡”だと感じていますね。

 まず、たくさんいる俳優の中で、僕にその役柄のオファーが来ることが“奇跡”です。そして現場では、俳優だけじゃなく、カメラ、音声、衣装、すべてが集結します。そして、そのときにカメラの前で起きたことだけが、映し取られる。これを“奇跡”と呼ばずして何と
呼ぶでしょう! そんな“奇跡”を積み重ねたものが、映画であり、ドラマだと思って生きてきました。

 ただ、少し前には、俳優として行き詰まりを感じていた時期がありました。そんなとき、フランスの新進気鋭の若手監督が撮る映画に出演することになったんです。

■俳優としての新境地が開けた

 僕が演じるのは、小野田寛郎元陸軍少尉。終戦を知らないまま、約30年間、フィリピンのルバング島で“秘密戦”の任務を遂行し続けた方です。

 演じるに当たって、彼のことを改めて調べたのですが、小野田寛郎という人は、高度経済成長期の日本に「大和魂」を持ち帰った人なんだと思いましたね。

 小野田さんが日本に帰ってきたとき、僕は小学4年生くらい。テレビのニュースで見てビックリした記憶があります。映画の中で、小野田さんを見つけた鈴木という青年が「僕はパンダと雪男、小野田さんを発見したかった」と言うんですけど、その感覚がすごく分かるんです。それくらい、衝撃的な出来事でした。

 撮影はカンボジアのジャングルで約4か月かけて行われました。アルチュール・アラリ監督とは、通訳を介してのコミュニケーションでしたが、通訳を担当してくれたのは、おそらくまだ30歳くらいの日本人男性。彼は“日本とフランスの映画文化をつなぐんだ!”という情熱にあふれていて、本当に素晴らしい人物でした。彼のおかげで、『ONODA 一万夜を越えて』という映画のクオリティは確実に上がったと思います。これも、ものすごく大きな“奇跡”ですよね。

 僕は今回、小野田寛郎を演じたことで、俳優としての新境地が開けたと感じています。だから今後、演じる役は、もっともっとブラッシュアップしていきたい。

 その結果、ひょっとしたら「津田寛治はヘタになったね」と言われるかもしれない。でも、それはそれで、すごくいいなと思うんですよ。その逆もあるかもしれないし、何か結果が見えるところまで演じ続けていきたいと思っています。

津田寛治(つだ・かんじ)
1965年、福井県出身。1993年に北野武監督の『ソナチネ』で映画デビュー。以降、数多くの映画、テレビドラマに出演。2002年には、森田芳光監督の映画『模倣犯』で第45回ブルーリボン賞助演男優賞を受賞している。主な出演作として、映画『シンゴジラ』『山中静夫氏の尊厳死』、大河ドラマ『青天を衝け』など。

関連リンク

  • 11/7 17:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます