毎月数千万円以上稼ぐ起業家が考える「稼げない人の特徴」

拡大画像を見る

中卒で地元建設会社に就職。その後、漁師、大手運送会社勤務を経て、「株式会社好きなことで生きていく」を設立した異色の経歴を持つ水島翔。現在は、FXやネットビジネスで月収数千万円を稼ぐ。「好きなことで生きていく」を信条に、自分のライフスタイルや生き様を発信するこの若者は、いかにして成功を手にしたのか。

◆たった3年でそれまでの人生を変えることに成功

 生活費や住宅ローンのために働くような、お金に縛られた生き方はしたくないし、自分の時間を奪われるような仕事もしたくない……。そんなふうに考えて実際に行動に移したところ、たった3年でそれまでの人生を変えることに成功しました。

 しかし30代前半までは、私も中卒のただのサラリーマンでした。私たちが住んでいる現在の日本は、特に行動に移さなくても国民のほとんどが不自由なく生活できますよね。普通に学校に通い、普通に就職して働き続けることができ、餓死することもなく普通の生活をすることができる。それ以下でもなければ、突出してそれ以上でもない生活を送り、多くの人が今の生活を維持するためにストレスを溜めながら、やりたくもない仕事に時間のほとんどを奪われている。

 これが当たり前だと思っている人って結構いるんじゃないでしょうか。「努力は報われる」――そんな言葉を信じながら。同時に「好きなことで生きていけるほど世の中は甘くない」という考えも強く植え付けられてきました。

 しかしそんな言葉は社員を雇用したり管理している側の人間による洗脳でしかありません。その人たちにとっては、私たちがそう信じ労働者であり続けてくれたほうが都合がいいし、その人たち自身もずっとそう信じてきたからです。

◆今の人生が本当に自分の送りたい人生なのか

「仕事が忙しいから」と言い訳をし、家族と過ごすかけがえのない時間、自力でお金を稼ぐための自己投資の時間、好きなことをするための時間、こういった時間を犠牲にしていませんか。

 そうやって年齢を重ねるにつれ、今の生活レベルを維持するために会社という組織に依存し、苦痛な労働が当たり前になり、上司やお客に頭の上がらない大人になっていく……。僕はそんな人生は絶対に嫌です。多くの人も、本当はそんな人生を送りたいと思っていませんよね。

 自分が仕事に向き合ったとき、貴重な時間とストレスを対価に受け取る生活費程度の賃金に満足できていますか? 時間や労力以上の対価を会社から得ることはできていますか? 仕事にやりがいや目標を感じることもなく、ただ生活費を稼ぐためだけに貴重な時間を費やし、ストレスを抱えながら働いているのであれば、何か行動を起こしてほしいと思います。

◆情報を取り入れ、常にアップデートせよ

 どれだけ会社に尽くそうと、会社が一生面倒見てくれる終身雇用制度が常識とされていた時代はもう終わっています。これまで常識とされていた労働市場は今ものすごい勢いで変化しています。

「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションでしかない」というアインシュタインの言葉がありますが、多くの人が常識と捉えてきた偏見をいつまでも信じている人に明るい未来なんてやってきません。これからの時代を生き抜くには新しい情報を常に取り入れて、リアルタイムで常識をアップデートし、今までの常識にとらわれることなく考え方を柔軟に変化させていく必要があります。

 これからは好きなことでマネタイズできる力、会社や人に依存せずに稼ぐ力を身につけて、むしろ好きなことで生きていく人が増えるのが当たり前になる時代だと思っています。

 私がこの事実に気づき、労働以外の収入を身につけて会社員を辞めるまでにかかった期間は約3か月でした。それから3年、今では自力で毎月数千万円以上稼げるようになりました。

 サラリーマン時代に思い描いていた好きなことで生きていくライフスタイルをある程度実現させることができたのは、間違いなく自分を信じて行動に移し、常に自信を持って行動し続けたからだと確信しています。

◆能動的に行動できる人は稼げるようになる

 成功するためには、インプット・アウトプットを徹底的に繰り返しながら学び、自信を持って行動できるようになるまで自分でやってみて小さな成功体験を少しずつ積み重ねていくしかありません。そのためには能動的な行動力が必須になってきます。

 能動的に行動できる人は非常にフットワークが軽く、人の先をいく思考力、展開を予測する観測力、その先に待ち受ける状況に対して対策を考える構想力が備わっているため、自力で稼げるようになっています。

 一方、受動的な人は他人から与えられるのを待つだけで、自ら行動を起こすことはありません。こういったタイプの人は自らアウトプットすることもなく常に受け身の状態なので、いつまでも成長することができません。時間をつくれてもスマホやYouTubeを見続けてしまう人は要注意です。

 この話を聞いて「ヤバい」と思った人も遅くはありません。今からでもいいので自力で稼げるようになるために能動的に行動を起こしてください。自分の行動一つで人生を変えることはできますから。

◆好きなことで生きていくKeyword

常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションである

 これは物理学者、アルベルト・アインシュタインが残した言葉です。私たちが「常識」だと思っていることも、時代が違えば常識ではないし、同じ時代でも国が違えば非常識になることはたくさんあります。生きている時代や場所によって常識というのは大きく違ってきて、絶対的なものではないということです。

 10年前、ワイヤレスイヤホンをつけてYouTubeやツイッターをしながら歩きスマホをしているなんて予想できましたか。きっと、誰も予想できなかったはずです。たった10年でも世界の常識はどんどん変わっています。常識だと思っていることも、未来永劫、普遍的な事実とは限りません。

 これからの時代を生き抜くには、常識にとらわれず、当たり前だと思っていることを疑い、新しい情報を取り入れてアップデートしていかなければいけません。

―[好きなことで生きていく]―

【水島翔】
「株式会社好きなことで生きていく」代表取締役。1984年、富山県生まれ。高校を中退し、地元建設会社、漁師、大手運送会社に勤務。会社員生活を送るが、FXに出合い、’17年にネットビジネスを開始。10か月後に月収850万円を突破。現在は好きなことで生きていくために自分のライフスタイルを発信。地域創生のために飲食事業や不動産事業なども展開する。インスタグラム@shooooo.__/

関連リンク

  • 11/7 15:50
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます