仲野太賀「溺愛でしかない」父・中野英雄との独特の“俳優親子”関係を明かす

拡大画像を見る

 俳優の仲野太賀が、7日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系/毎週日曜7時)に登場。俳優で父親の中野英雄との親子関係について言及した。

 俳優の中野英雄を父親に持つ仲野。この日は、同じくゲスト出演していた勝地涼に親子のエピソードを問われ、父親について「ただのファンですからね、僕の」と即答した。続いて「いわゆる2世俳優の『親との美しき関係』とはちょっと違う」と苦笑いしつつ、自身に向ける愛情は「溺愛でしかないと思います」と断言した。その溺愛っぷりは仲野が出演する作品の放送終わると即座に「今日も太賀良かった!!!」とメールが飛んで来るほどだそうだ。

 以前は2世俳優という色眼鏡で見られるのが嫌で、「俺のことは外は話すなって何回も釘刺してた」と振り返った仲野。父もその意図をくみ取り「俺からそんなことは絶対言わないし、関係ないと思ってるから」と言っていたはずが、ある日から「今夜! 仲野太賀が出ます! うちの次男が出ます!」と告知するようになったと明かし、勝地ら共演者らを笑わせた。

 そんな独特な親子関係に、勝地は「もうそういうところの域じゃない役者になったって思ったんだろうね」とコメント。仲野は「それまでは親父の話をしたくなかったんだけど、自分のしたくないという気持ちがせざるを得ないだろうなという父親の愛情が勝った」と、親子関係を公にした理由も告白していた。

関連リンク

  • 11/7 12:11
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます