それはやりすぎ!彼氏から「下」に見られてしまう【愛情表現】

拡大画像を見る

どうもあかりです。基本的に、彼氏に愛情表現をすることは良いことですが、あまりにもそれが行きすぎてしまうと彼氏から「下」に見られてしまうので注意が必要です。
今回は、彼氏から見下されてしまわないようにぜひ控えてほしい愛情表現を3つご紹介します。


早々に「結婚したい」宣言

いい年になってくると、「今の彼氏と結婚したいなぁ」と思うようになるのは仕方がないことですが、それを彼氏にハッキリと伝えてしまうのは要注意です。
男性は彼女から「結婚したいな」「プロポーズまだ?」みたいに言われると、「この子は俺と結婚したいって思ってくれてるくらいだから、特別大切にしてあげなくても別れることにはならないだろう」と思って、油断してしまいます。
やっぱり「大切にしてあげないと振られるかも」と思わせておくほうが、彼氏から大事にしてもらいやすいですので、結婚願望を伝えるときは慎重に。


「好き?」って聞きすぎる

「好きだよ」って伝えるならともかく、彼氏に「私のこと好き?」と聞きまくるのは危ないです。
基本的に「好き?」って聞くのは「自分は恋人のこと大好きだけど、自分は恋人にあんまり好かれてないかも」っていう感情の表れなので、恋人から舐められやすいです。
なので「好き?」って聞くくらいなら「好き」と素直に伝えてしまったほうが良いです。


異性との絶縁アピール

彼氏への好意と一途さをアピールするために異性との交友関係を減らしたり、LINEをしないようにする人がいますが、これもリスキーです。
彼氏側からすれば、「彼女が俺だけに夢中で、他の男とは接点もない」となると、どうしても彼女の扱いが雑になります。
本心では彼氏以外は眼中になくなってしまったとしても、あんまりそのことを彼氏にアピールする必要はないですね。
彼氏に「好き」と伝えつつ、きちんと対等な関係でいられるように愛情表現をするときには今回ご紹介した点に注意してもらえたらと思います。(遣水あかり/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/7 13:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます