涙目で立っていたおばあさん トラック運転手の行動に「涙が出た」「かっこいい」

拡大画像を見る

クレーンが搭載されたトラック(通称:ユニック車)を仕事で運転している、しょーた(@NK_rcg)さん。

納品先に向かうため、いつものようにユニック車で移動していたしょーたさんは、道で立ち止まっているおばあさんを目にしました。

泣きそうな表情で見つめてくるおばあさんに、何があったのかを聞いてみると…。

「乗っていたシニアカーが、田んぼに落ちちゃった…」

周囲は田んぼだらけ。幸いおばあさんにケガはありませんでしたが、道が狭いため、誤ってシニアカーを落下させてしまったようです。

しょーたさんが確認すると、5mほどの深さがある溝にはシニアカーが横たわっていました。おばあさん1人ではどうにもならない状況といえます。

困っているおばあさんを前に、しょーたさんはユニック車に乗ると…。

ユニック車のクレーンを巧みに操り、落下したシニアカーを見事に救出!

この後、おばあさんは「一生のお願いだから、お礼をもらって」と告げ、しょーたさんにお小遣いを手渡してくれたのだとか。

シニアカーは歩行が困難な高齢者にとって、自分の足のようなもの。しょーたさんに、おばあさんは心から感謝したのでしょう。

仕事で培った技術で人助けをするしょーたさんの行動に、多くの人から「トラックドライバーの鑑だ!」という声が上がりました。

・おばあさん、心細かったろうなあ。助けてもらって、本当にほっとしたと思う。

・なんてかっこいいドライバー!この方にも、いいことがありますように。

・涙が出た。優しいエピソードは涙腺がゆるくなる…。

人と人との関りが減ったことで、『冷たい社会』ともいわれている現代。

人情あふれるエピソードは、ネットを通して多くの人に「まだまだ、現代社会も捨てたものじゃない」と思わせてくれました。

[文・構成/grape編集部]

出典 @NK_rcg

関連リンク

  • 11/7 12:30
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます