西島秀俊“凌介”、記者会見で不倫発覚!?

拡大画像を見る

西島秀俊が主演を務める『真犯人フラグ』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第4話が、11月7日に放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同番組は、企画・原案の秋元康と『あなたの番です』制作スタッフが手掛ける、2021年10月・2022年1月期2クール連続の完全オリジナル新作ミステリー。

前回第3話では、相良凌介(西島)は、ベンチャー企業「プロキシマ」の社長・橘​​一星(佐野勇斗)​​と娘・光莉(原菜乃華)​が交際していることを知り動揺。謎が多い中での胸キュン展開に「突然のラブコメ回」「(凌介の)目が死んでるw」とのコメントがあった。

<第4話あらすじ>
相良凌介(西島)が妻・真帆(宮沢りえ)の保険金の受取人になっていることがネット上で拡散される。しかも、生命保険の加入は失踪直前。マスコミもこの情報を追い、娘・光莉(原)と息子・篤斗(小林優仁)にも生命保険をかけていたというデマが広がり、真に受けた真帆の両親、館野志乃生(丘みつ子)と三郎(浜田晃)に問い詰められる凌介。

警察の捜査により、光莉のスマホと真帆の指輪が発見された現場で犯人のものらしき足跡が見つかる。阿久津浩二(渋川清彦)と落合和哉(吉田健悟)は光莉がストーカー被害に遭っていたという情報から、彼女の学校付近で聞き込みをする。

凌介に関する陰謀論動画を作り続けるぷろびん(柄本時生)のYouTubeチャンネルがガイドライン違反でBANされる。復活を目論むぷろびんと町山大輝(遼太郎)のもとに、何者かによる情報提供のメッセージが届き……!?

亀田運輸では苦情電話がますます増え、会社を辞めたいと言い出す社員も出てくる。太田黒芳春(正名僕蔵)から責任を問われる中、凌介は支社長に呼び出される。大阪の本社にまで抗議が殺到し、全社的に大問題となっていた。支社長は、記者会見で身の潔白を説明し、世間に誹謗中傷を止めてほしいと訴えるようにと凌介に告げる。

凌介は、二宮瑞穂(芳根京子)と一緒に記者会見の練習をすることに。瑞穂は「負けないでください」と凌介を励ます。

そして、記者会見当日。会場には多くのマスコミが集まる。生中継もされる中、凌介は報道陣からの質問に丁寧に答えていく。しかし、記者から凌介の不倫現場写真を突きつけられ……!?

関連リンク

  • 11/7 11:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます