東野幸治 参院選特番の司会を全力否定「太田さんの炎上で震え上がっている」

拡大画像を見る

 7日放送のフジテレビ「ワイドナショー」で、TBSの選挙特番で司会を務めた爆笑問題・太田光が炎上した件について特集した。

 最後にタレントの東野幸治が「選挙の特番がどのように変わっていくのか。次は参院選がありますから」と締めようとすると、ダウンタウンの松本人志が「東野がやるんじゃないの?」とツッコミ。東野は「全然。(そんな話)来てませんし、太田さんがあんな感じに燃え上がっているの見て、震え上がってできないですよ。震え上がって」と話して笑わせた。

 太田は10月31日の同局系「選挙の日2021 太田光と問う!私たちのミライ」で司会を務めた。しかしVTR出演した自民党の甘利明氏に「ご愁傷さま」と言い放ったり、二階俊博氏に「いつまで政治家続けるんですか?」と問いかけ、「失礼だよ!」と怒りを買ったりなどしたやり取りに、ネット上で賛否が起きた。

 松本は「選挙特番として見るか、TVショーとして見るのか。TVショーとして見た人は、あれはあれで面白いんじゃないのと思ったんでしょうけど、大半の人が真面目にというか選挙報道として見ているので、おしかりを受けるんでしょうね」と見解。「太田は若干、反省するべき点はあったと思うな。言葉の言い方、目上の人に対する(言葉づかい)というのはやるべきだと思う」と指摘した。

 今回の炎上劇を、試合よりも事前のあおりに注目が集まったボクシング元世界王者、亀田興毅さんの試合中継時と重ね合わせ、「あれもTBS。TBSは『選挙の日』じゃなくて『お笑いの日』だけやっておけばいいんですよ」と自身が司会を務める特番をプッシュし、笑わせた。

関連リンク

  • 11/7 10:48
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます