金目鯛やかに食べ放題! 大江戸温泉物語の冬フェア開催

拡大画像を見る

 大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツは12月から、同社が運営する冬の花火大会を楽しめる静岡県の3つの宿、岐阜県の宿で、「冬のまんぞくバイキング」を開催する。

 冬のまんぞくバイキングは、伊東温泉 ホテルニュー岡部(静岡県)と下呂新館(岐阜県)では12月1日~2022年2月28日に、熱海伊豆山 水葉亭、熱海温泉 あたみ(どちらも静岡県)では12月27日~2022年2月28日に開催される。なお、いずれの宿も12月1日~26日の期間は、「クリスマススペシャルバイキング」を開催している。
 熱海温泉 あたみ、熱海伊豆山 水葉亭、伊東温泉 ホテルニュー岡部では、冬を迎え脂が乗って旨味が増した名産の金目鯛を使用した、舟盛りのお造りや塩煮、アクアパッツァなど、和洋バラエティ豊かなメニューを提供する。
 金目鯛メニュー以外にも、それぞれの宿でオリジナリティあふれるメニューを用意している。
 下呂新館では、大江戸温泉物語の大人気企画である「かに食べ放題」が登場する。
 あわせて、豚の脂身と味噌が双方のおいしさを引き立てる豚トロの朴葉味噌焼き、白川茶を煮出した出汁による黒瀬ぶりのしゃぶしゃぶなど、飛騨の郷土料理も用意している。
 なお、熱海温泉 あたみと熱海伊豆山 ホテル水葉亭では、1年を通じて10回以上開催される熱海海上花火大会が楽しめる。また、伊東温泉 ホテルニュー岡部から楽しめる熱海海上花火大会は、12月4日より再開される。
 下呂新館では、悪疫が退散し天地が永遠に続くようにという願いが込められた、「下呂温泉 花火物語」を楽しめる。

関連リンク

  • 11/7 10:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます