「言霊荘」第5話 “言霊”との直接対決に「直視できん」「過去一怖い更新」などの声続々、西野七瀬と秋田汐梨の共演に喜びの声も

拡大画像を見る

西野七瀬主演「言霊荘」の第5話が11月6日オンエア。ついにアパートの除霊が始まる…“言霊”との直接対決に「直視できんくらい怖かった」「過去一怖い更新しちゃった」など恐怖の声が上がるなか、秋田汐梨の出演には喜びの声も送られている。

ある女性限定マンションを舞台に、放った言葉が現実となる“言霊”によって住人たちに恐怖が襲いかかっていくさまを描くスリリングホラードラマとなる本作。

底辺動画配信者だったが“言霊”でチャンネル登録者数を増やし、除霊代を捻出しようとする歌川言葉(コトハ)役に西野さん。祖母がイタコであることを利用して霊感商法でぼろ儲けを目論んでいたが、言葉との出会いで“言霊”と向き合っていく中目零至役に永山絢斗。レイシの叔母で女性宮司でもあり、除霊師としての顔も持つ岩戸志麻に斉藤由貴。

コトハを女性限定アパート「レディスコート葉鳥」に招き入れたが、亡くなった1号室の住人・阿木紗香役に三吉彩花。東京都議会議員の私設秘書をしている2号室住人の丸山栞役に中村ゆりか。インターネット報道番組に出演するフリーアナウンサーで3号室住人の小宮山綾子役に堀田真由。“言霊”によって愛しい男性に肝臓を提供することになった、4号室住人の菊川麻美役に森田望智。小学校教師をしている5号室住人の林原早紀役に石井杏奈。雑誌編集者をしている6号室の住人・渡邊瞳に内田理央といった顔ぶれが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

重い肝臓疾患である元カレ、鈴木大輔(竹財輝之助)を「どんなことをしてでも助けたい」と、その思いを口にした麻美。気づいたときには自らの肝臓を鈴木に移植していた。手術後、麻美の見舞いに訪れたコトハたちは、麻美が勝手に鈴木との婚姻届を出していたことを聞かされる。さらに鈴木の病室に早紀がいるのを発見、驚く。なんと早紀は麻美から鈴木を奪った恋敵だった。

コトハから除霊の依頼を受けた志麻は、アパートに憑りつく言霊を操る呪縛霊の除霊を決意。管理人室に強烈な霊気を感じた志麻がお祓いを開始すると、病院では麻美が突然苦しみだす。麻美に消えてもらいたい…早紀の言葉が言霊となって麻美を苦しめる。するとほどなく早紀も苦しみ出す。麻美もまた早紀に同様の言葉を送っていた…というのが5話の展開。

この除霊シーンに「直視できんくらい怖かった」「また過去一怖い更新しちゃったじゃん……やばすぎ!!言霊の力恐るべし…」など恐怖の声をあげる視聴者たちが続出。。

さらに除霊をしていた志麻も“言霊”から放たれた布に顔を覆われ、“言霊”に憑りつかれてしまう。“言霊”が乗り移った志麻はコトハを抱きしめ「あなたのせいで、ここの皆さんはみんな不幸に巻き込まれたの…」と告げる。この言葉にも「「あなたのせい」っていう呪い」「お、今のって呪い的な?」などの反応が。

ラストでは紗香が亡くなり空き部屋になっていた1号室に新たな住人、城崎雪乃(秋田汐梨)が引っ越してくる。新キャストの秋田さんに「七瀬ちゃんと秋田汐梨ちゃんが共演するじゃん!」「西野七瀬と秋田汐梨を同画面で見れるの神」と、西野さんとの共演を喜ぶ視聴者からの声も多数寄せられている。



(笠緒)

関連リンク

  • 11/7 9:30
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます