誕生日に女性からもらうとうれしいLINE5パターン

誕生日を知っている程度には親しい男性がいたら、今後の良好な関係のためにもお祝いLINEを送ってあげたいもの。ではどのような工夫を凝らすと喜ばれるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「誕生日に女性からもらうとうれしいLINE」をご紹介します。

【1】思い出してくれたことがうれしい「あれ?今日誕生日だよね、おめでとう」
「誕生日を思い出す程度には気にしてくれてるんだなと思います」(10代男性)など、「ふと思い出してお祝いコメントを送った」くらいのニュアンスだと、男性にとって心地がいいようです。特段の好意が感じられなくても、自尊心が満たされるので、心の中で小さくガッツポーズを取るのかもしれません。

【2】真心が伝わる「本当は直接会って言いたかったけど、お誕生日おめでとう」
「『直接会って言いたかった』って、少しは特別に思ってくれてるってことですよね」(20代男性)など、対面ではなくLINEで祝うことを申し訳なさそうにしてみせると、スペシャル感を演出できるようです。本心ではなく、単なる社交辞令だとしても、頭にこの一文を挿入しておいて損はないでしょう。

【3】気持ちのこもったコメントに感謝…「あなたにとっていい一年になりますように」
「おめでとうにプラスして、何かかしこまったことを言われると『そう来たか!』と思います」(10代男性)など、何か「いいこと」を言う一文を添えると、思いのほか喜ばれるようです。「○○くんにとってすばらしい○○歳になりますように」「○○歳が飛躍の年になりますように」などとうまくアレンジして使いましょう。

【4】女性に誘われてうれしくない男はいない「今度お祝いにゴハン行こう」
「誕生日を口実に誘ってくれてるのかもと、期待がどんどんふくらんでしまう(笑)」(20代男性)など、実際に会いたがっているかのような言葉も、男性の気分を持ち上げそうです。とはいえ、「じゃあいつ行く?」とがっついてこられたら困るような相手には、儀礼的な意味合いだとしてもこの手の文言は危険かもしれません。

【5】別の用件でやりとりした最後に「ところで、お誕生日おめでとう」
「さりげない感じで言ってくると、『本当はそっちがメインだったくせに』と萌えます」(20代男性)など、別件で連絡したと見せかけて、最後に「お誕生日おめでとう」と切り出すツンデレ作戦も、男性ウケは抜群のようです。ちょっといいなと思う男性との軽い駆け引きとして、試してみてはいかがでしょうか。

思い立ったらすぐに実践できるよう、いくつかのワザを覚えておくとよさそうです。(田中健斗)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/7 9:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます