佐々木健介&北斗晶夫妻、終活を語る「葬式は燃やしてくれるだけでいい」

拡大画像を見る

 タレントとして活躍中の佐々木健介(55)、北斗晶(54)夫婦が、2021年10月30日より公開中の映画『老後の資金がありません!』に現実と同様、おしどり夫婦役で出演しました。

 映画は老後に自己資金2000万円が必要とも言われる現代に、天海祐希扮する平凡な主婦が、リアルなお金の問題に立ち向かっていく物語です。

 佐々木健介&北斗晶夫婦のふたりも、この映画の出演を機に老後の資金問題について考えるようになったそう。40代までは毎日楽しく過ごしていたというふたりに話を聞きました。

◆「老後を真剣に考えなくちゃいけないな」と思った

――老後の資金問題はリアルな題材ですよね。誰もが、他人事ではない。

北斗晶(以下、北斗):出演のお話が来た時期はコロナで大変になる前で、世間で「老後に2000万円必要」と騒がれていた頃でした。わたしたちの仕事は人気商売なので、お仕事をいただけなければどうしようもないギャンブル的なところもあり、ちょうどいろいろと考えていたときにこのタイトルを見て、悲惨なストーリーなのかなと最初は思いました。

佐々木健介(以下、健介):2000万円必要と言われているなか、映画ではもっともっとと話が進んでいきます。映画の世界なのに、現実に置き換えて考えてしまい、「ウチは大丈夫なのかな?」と思うこともありました(笑)。映画を通して老後を真剣に考えなくちゃいけないなと。僕たちにとっても本当に勉強になりました。

◆「老後資金2000万円」のニュースで感じた恐怖

――これは本当に全員が避けて通れない問題ですよね。

北斗:そうですね。でも、「老後資金2000万円」のニュースのおかげでわたしたちは老後をすごく考えなくちゃいけない世代だと自覚してね。

 ひとり2000万円なんて言われたら夫婦で4000万円ですよ! そう考えたらめちゃくちゃ怖くなるじゃないですか。ウチは手のかかる子育ては終わりましたが、息子ふたりともまだ学生なので、そういうことも考えさせられましたよね。

健介:この映画に参加させてもらって、老後を怖く考えるよりも、もうちょっと明るく考える方法があるのではないかな、ということは感じました。

◆愛犬が「壁を喰う」…!? 自宅の修繕も

――何か行動を?

北斗:老後はお金だけが重要ではないんですよ。たとえば衣食住が恵まれていても、ひとりでつまらなければ、老後の楽しみが少ないかもしれない。あとは、今のうちにやるべきことですよね。そういう意味で、わたしたちは、コロナ禍で自粛中に自宅が築20年を超えて古くなってしまったので、いろいろ直したりしました。あちこち壊れてすごかったんですよ(笑)。

――なるほど。住環境のメンテナンスですね。

北斗:ブルドックが2匹いまして、そいつらに子どもが生まれて合計4匹になったんですよ。本当に自粛で何をしようか悩んでいるヒマもないくらい壁を喰う、柱を喰う、机やイスを喰う、とすごかったんですよ(笑)。それであちこち家の中をメンテナンスしました。

◆老後を考え、照明もLEDに

――大変ですね!

北斗:要は、老後になるまで放っておけないわけですよね。今よりもっと壊れたら、自力では直せないかも知れないから、今のうちに直そうと考えました。今よりひどくなったら、もっとお金もかかるじゃないですか。このメンテナンスが実は一番考えましたね。今のうちにLEDに変えたほうがいいとか。それで電気代も安くなるだろうとか。

健介:ウチは吹き抜けなので、けっこう天井が高いんですよ。そういう問題もある。ふたりとも背が高いから高めに作ってはあるんですが、電球を変える作業が大変。だからLEDに変えておかないと、年をとったときの交換が大変じゃないですか。そういうことも考えましたね。

北斗:老後のためにやっておかなくちゃいけないことはたくさんあって、高いところにあるものを降ろしたり、いらないものは処分するとかね。快適に楽しく過ごす方法を考えないといけないんです。

◆葬儀は「燃やすだけでいい」。エンディングノートも…

――前向きでいいですよね。

北斗:老後はいろいろなことが出てくると思いますけど、子どもに迷惑かけないようにとか、そんなことも考えています。葬式代くらいはきちんとしとこうかなとか(笑)。

健介:大きな葬式は僕たちはやらなくていいよと言ってあるんですよ。人なんか呼ばなくても、燃やしてくれるだけでいい(笑)。

北斗:ウチの隣の市なら1万円で燃やしてくれると(笑)。

健介:今のうちに言っておかないと、息子たちが気を使うと思うんですよ。お金もかかるだろうし、これは言うべきことだろうなと。

北斗:迷惑かけたくないから、エンディングノートも買いました。今のノートは面白いですよ。死んだら連絡入れてほしい人、式に来てほしくない人(笑)。歳取るとそういうのが出てくると思うので、先に書いといたほうがいいんです。あとは解約しなくちゃいけないもの。いろいろなサブスクのとか、死んだらカードが凍結されるからパスワードとかもそうですし、だからすんごい深く考えました。この映画のおかげで進みましたよ。

◆今は全部準備できて、のんびりしている

――老後の準備どころか終活ですよね。

北斗:映画にも葬式というワードが出てくるからですよね(笑)。人間、死んだ後のことまで心配しますからね。

健介:今は、そういう不安はなくなりました。全部準備できたと思うので、今はちょっとのんびりしている感じです。

北斗:ボロボロになりすぎた家が息子たちに渡ると大変なことになるし、それはそれで迷惑ですからね。

――プロレスの豪快なイメージがあるので、そういうことは気にしないタイプかと勝手に思っていました(笑)

北斗:(笑)。 気にしますよ! わたしたちは! とんでもない。

健介:死んだ後に金がかからないようにしておかないととか、親なら気にしますよね。

◆人生、見直す時期は早ければ早いほどいい

――老後にはまだ遠い読者に、今あえて投げかけたいことはありますか?

北斗:20代、30代、40代ね、わたし自身も老後のことなんて、考えませんでした。今が楽しいとか、結婚したら子育てで手一杯で、とか。特に20代の頃は仕事と趣味が合致していましたけど、それに精一杯でしたね。その後もどういう子育てをしていたか思い出せないほど、一生懸命でした。

健介:それでときが過ぎて40代で子どもが大きくなり、余裕が生まれて、老後のことを考え始めたのは50代くらいかなと思うんですけど、何事も準備しておくのは大切なことです。

北斗:人生、見直す時期は、早ければ早いほどいいかもしれない。あとはエンディングノート! これ本当に面白いので、何歳で書いてもよいと思います。一度、目を通してみてください(笑)。

<取材・文/トキタタカシ>

【トキタタカシ】
映画とディズニーを主に追うライター。「映画生活(現ぴあ映画生活)」初代編集長を経てフリーに。故・水野晴郎氏の反戦娯楽作『シベリア超特急』シリーズに造詣が深い。主な出演作に『シベリア超特急5』(05)、『トランスフォーマー/リベンジ』(09)(特典映像「ベイさんとの1日」)などがある。現地取材の際、インスタグラムにて写真レポートを行うことも。

関連リンク

  • 11/7 8:46
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます