小栗旬“天海”と松山ケンイチ“常盤”が決別!?

小栗旬が主演を務める日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第4話が、11月7日に放送される。

1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」が原作。2023年の東京を舞台に、今だからこそ描くべき物語が展開。沈没という目に見えない危機が迫る中で「見出していく希望」をテーマに描いていく。小栗は、主人公の環境省官僚・天海啓示を演じる。

前回放送された第3話では、天海と常盤紘一(松山ケンイチ)が、関東沈没の事実をいかに国民に伝えるかで対立してしまう。ネット上では「天海も常盤も正しい」「対立していくの悲しい」「緊急事態の対応って難しい」「緊張感が心地良い」「常盤には裏があるのかも」など、さまざまなコメントが寄せられた。

<第4話あらすじ>
新聞に「半年以内に関東圏沈没」の記事が出た。里城弦副総理(石橋蓮司)や長沼周也官房長官(杉本哲太)がネタ元の特定に躍起になっている中、東山栄一総理(仲村トオル)は椎名実梨(杏)を呼び出し問い詰めるが、椎名は東山が会見をするべきだと伝える。

その後、天海啓示(小栗)とも話した東山は、会見を開くことを決意。そこで、時期や確率は明確にしなかったが、関東沈没の可能性が総理の口から語られたことで、人々は大混乱に陥る。東山の命により危機対策が日本未来推進会議に委ねられて、常盤紘一(松山)を中心に迅速な対応が進んでいく。

そんな中、ワイドショーで関東沈没の現状を赤裸々に話す田所雄介(香川照之)。それは東山が発表していない情報で、勝手な告発に常盤は怒りを抑えられない。一方で毎朝新聞にリークしたのも天海ではないかという疑念がぬぐえずにいた。

二人の仲に不穏な空気が漂う中、二人は企業からの支援を募るために経団連会長の生島誠(風間杜夫)に会いに行った。しかし、そこには思いがけない人物が……。

関連リンク

  • 11/7 7:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます