【米・BCフィリー&メアターフ結果】川田将雅騎手騎乗ラヴズオンリーユーが日本馬初のBC優勝!

拡大画像を見る

 現地時間6日、アメリカのデルマー競馬場で行われたブリーダーズカップフィリー&メアターフ(3歳上・牝・GI・芝2200m・1着賞金104万米ドル)は、好位馬群でレースを進めた川田将雅騎手騎乗の1番人気ラヴズオンリーユー(牝5、栗東・矢作芳人厩舎)が、直線の追い比べで8番人気マイシスターナット(牝6、米・C.ブラウン厩舎)と、2番人気ウォーライクゴッデス(牝4、米・W.モット厩舎)の間を割って抜け出し優勝した。勝ちタイムは2分13秒87(良)。

 1/2馬身差の2着に8番人気マイシスターナット(牝6、米・C.ブラウン厩舎)、さらにアタマ差の3着に2番人気ウォーライクゴッデス(牝4、米・W.モット厩舎)が入った。なお、3番人気ラブ(牝4、愛・A.オブライエン厩舎)は4着に終わった。

 勝ったラヴズオンリーユーは、父ディープインパクト、母ラヴズオンリーミー、その父Storm Catという血統。これで19年オークス、4月のクイーンエリザベスII世C(香港)に続くGI・3勝目。日本調教馬初のブリーダーズカップ優勝という偉業を達成した。

※人気は日本発売のオッズで表記しています。

関連リンク

  • 11/7 11:44
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます