コスプレで赤ちゃんにメイクした母親 1週間も立派な眉毛が消えず困惑もSNSで爆笑の声(英)

拡大画像を見る

英ケント州スノッドランド在住のクロエ・サリヴァンさん(Chloe Sullivan、30)は、きょうだいが開いたハロウィンパーティに参加するため夫リアム・ダウドさん(Liam Dowd、26)や3人の子どもたちとコスプレをした。

コスチュームのテーマは米アニメやドラマ、映画などで楽しまれている『アダムス・ファミリー』に決め、登場人物になぞらえた衣装を用意した。

リアムさんが“ゴメス”、クロエさんはその妻である“モーティシア”役になり、娘のエスメちゃん(Esme、7)は長女“ウェンズデー”に、息子のアイダ君(Aida、2)は長男“パグズリー”役を担当した。

そして最後に生後半年のヴィニー君(Vinnie)は、続編に登場するアダムス一家の赤ちゃん“ピューバート・アダムス”に扮することになった。“ピューバート”はくっきりとした特徴的な眉毛を持っており、クロエさんは似せるために軽くメイクを施した。

眉毛を描いたヴィニー君は“ピューバート”にソックリに仕上がり、その日パーティでは家族で記念写真を撮影して良い思い出になったのだが、問題はその後だった。

帰宅してヴィニー君の眉毛を落とそうとしたが、少しも落ちなかったのだ。クロエさんは普段使っている“マグネティック・アイライナー”でヴィニー君の眉毛を描いたが、アイラインを描くためのこの商品は成分の中に小さな磁性の粒子が入っており、磁石付きのつけまつ毛を簡単に装着できるというものだ。

だが化粧落としやベビーオイル、ベビーローションを使っても落とすことはできず、赤ちゃん用の角質除去製品を使ってこすってみてもだめだった。

クロエさんは「ただ信じられませんでしたよ。ヴィニーが自分で眉毛をこすり落としてしまわないように、このアイライナーを使ったのは良いアイディアだと思っていました。でも1週間経ってもヴィニーに描いた眉毛は消えないんです」と頭を抱えた。

他の写真を見ると、ヴィニー君は眉毛だけでなく鼻の下にヒゲも描かれていたことが分かる。このヒゲはすぐに落とすことができたが、眉毛は赤ちゃんの細い眉毛に細かい粒子が絡みついてしまったようで、落とすことができなくなってしまったのだ。

クロエさんが我が子の面白眉毛をTikTokアカウントに投稿すると、「笑いすぎて涙が出た」「この眉毛でも可愛いよ」「可哀そうだけど爆笑してしまった」など大笑いのコメントが殺到した。

最終的にはヴィニー君が眠っている間にたっぷりのベビーオイルをつけ、なんとかこすり落とすことができたという。しかし必死になってこすってしまったため、ヴィニー君の眉毛の周りの皮膚は真っ赤になってしまった。クロエさんはその日のうちにもう片方を落とすのは断念し、翌日の晩にヴィニー君が眠ったところで残りの眉毛を落としたそうだ。

なお残りの眉毛を落とす前に、クロエさんはコメント欄に届いた「本当につけまつ毛が付くのかやってみて」というリクエストに応えている。磁石の効果は抜群で、ヴィニー君の眉毛にはフサフサとしたきれいなまつ毛がくっついていた。

画像は『The Sun 2021年11月5日付「OH BABY! I drew jet-black eyebrows on my baby for a fancy dress party… a week later I still can’t get them off」(Credit: Kennedy News)』『Chloe Sullivan 2021年11月3日付TikTok「Reply to @the_tradie_wife such a good idea」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 11/7 5:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます