松田優作さん 三十三回忌「いつも見守ってくれてありがとう」感謝の言葉を天国に

拡大画像を見る

 1989年にがんのため40歳の若さで亡くなった俳優・松田優作さんの三十三回忌法要が命日である6日、東京・築地本願寺で営まれた。法要は親族、関係者のみで執り行われ、女優の原田美枝子(62)、俳優の水谷豊(69)ら60人が出席。長男の松田龍平(38)、次男の松田翔太(36)、長女の松田ゆう姫(33)が、最初で最後の偉大なる父へのコメントを発表した。

 弔い上げとされる三十三回忌に合わせ、優作さんの息子、娘たちが初めて、父について言及した。父が亡くなってから時間を経て、長男・龍平はモデルのモーガン茉愛羅と結ばれ、次男・翔太はモデルの秋元梢と結婚し、ファミリーは大きく広がった。

 僧侶の読経と焼香、法話など1時間ほどの法要を終え、生前の優作さんと親交のある俳優陣と交流した龍平は、父が亡くなった当時は6歳。主演級俳優へと成長した現在を鑑み「優作、いつも見守ってくれてありがとう」と感謝の言葉を天国にささげた。

 寺内には、家庭内でもなかなか素顔を見せなかった優作さんが、坐禅のためお寺に行った際、住職が撮った自然体の写真も飾られた。龍平と翔太の妻やリリー・フランキーら関係者60人が参列。優作さんの代表作「探偵物語」にちなみ、返礼品としてコーヒーが配られた。

 4歳で父を亡くした翔太は「自分はしっかり2人の両親に育てられたんだなと心から感謝してます。愛に包まれますように」と感謝。妻の松田美由紀(60)は「これほど長く愛され続ける男だったんだと、改めて優作の偉大さを実感し、そして本当に感謝しています。家族の愛があるからこそ、頑張ってこれました」と思いを吐露した。

関連リンク

  • 11/7 5:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます