首位チェルシー、バーンリー相手に痛恨ドロー…リーグ戦連勝は「4」でストップ

拡大画像を見る

 プレミアリーグ第11節が6日に行われ、チェルシーとバーンリーが対戦した。

 チェルシーは4分、カウンターで敵陣に押し込み、ロス・バークリーのラストパスからカラム・ハドソン・オドイがフィニッシュに持ち込むが、相手GKニック・ポープのファインセーブに阻まれる。7分にはショートコーナーの流れからハドソン・オドイが供給したクロスにアンドレアス・クリステンセンが頭で合わせるが、惜しくも枠の左に外れる。

 チェルシーは34分に待望の先制点を獲得する。リース・ジェームズが右サイドから送ったピンポイントのクロスにカイ・ハフェルツが頭で合わせて押し込んだ。チェルシーは1点のリードで折り返す。

 50分、チェルシーに決定機が訪れる。右サイドからR・ジェームズが丁寧な浮き球で折り返すと、チアゴ・シウヴァが頭で合わせたが、惜しくも右のポストに阻まれた。

 なかなか枠内シュートを打てなかったバーンリーだったが、79分にワンチャンスをものにして1点を返す。敵陣中央からアシュリー・ウェストウッドが浮き球をゴール前に放り込むと、抜け出したジェイ・ロドリゲスが頭で折り返す。これに反応したマチェイ・ヴィドラは、相手GKエドゥアール・メンディとの一対一を制して流し込んだ。

 チェルシーの猛攻は実らず、試合はこのまま終了。チェルシーはリーグ戦8試合ぶり2回目のドローで4連勝が止まったが、首位をキープしている。バーンリーは連勝を逃したが、3戦無敗となった。

 次節は代表ウィーク明けに行われ、チェルシーは20日にアウェイでレスターと、バーンリーは同日にホームでクリスタル・パレスと対戦する。

【スコア】
チェルシー 1-1 バーンリー

【得点者】
1-0 34分 カイ・ハフェルツ(チェルシー)
1-1 79分 マチェイ・ヴィドラ(バーンリー)

関連リンク

  • 11/7 1:53
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます