奥川雅也が決勝点、ビーレフェルトの初勝利に貢献! 遠藤航&伊藤洋輝との日本人対決制す

拡大画像を見る

 ブンデスリーガ第11節が6日に行われ、シュトゥットガルトとビーレフェルトが対戦した。シュトゥットガルトのMF遠藤航とDF伊藤洋輝、ビーレフェルトのMF奥川雅也は揃って先発出場した。遠藤は72分まで、奥川は81分までプレーし、伊藤はフル出場した。

 19分、ビーレフェルトが先制する。ハーフウェーライン付近からパトリック・ヴィマーが浮き球パスを前方に送ると、奥川が相手DFの背後に抜け出す。奥川はそのまま相手GKとの一対一を制してネットを揺らした。奥川は10月26日のDFBポカール2回戦マインツ戦以来、今季3点目となった。

 ビハインドで折り返したシュトゥットガルトが攻めあぐねる展開が続くなか、試合を決定づける追加点がほしいビーレフェルトは71分に絶好機を迎える。右サイドで獲得したフリーキックの流れからアンドレス・アンドラーデが押し込もうとしたが、左のポストに阻まれた。

 ビーレフェルトは83分、フリーキックの流れから決定機を迎える。ゴール前での混戦のなかボールを拾ったアモス・ピーパーが右足を振り抜いたが、ゴール前で放ったシュートはクロスバーに阻まれた。

 試合はこのまま終了し、シュトゥットガルトは2連敗で4戦未勝利となった。ビーレフェルトは待望の今季初勝利となった。次節は代表ウィーク明けに行われ、シュトゥットガルトは20日にアウェイでドルトムントと、ビーレフェルトは同日にホームでヴォルフスブルクと対戦する。

【スコア】
シュトゥットガルト 0-1 ビーレフェルト

【得点者】
0-1 19分 奥川雅也(ビーレフェルト)

関連リンク

  • 11/7 1:24
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます