大佛次郎氏の作品『猫のいる日々』の世界を女子美術大学付属中学校2年生が挿絵で表現


大佛次郎記念館では、1階ロビーにおいて、女子美術大学付属中学校2年生が描いた挿絵138点を展示中だ。

猫を題材にした作品から


大佛次郎(1897~1973)氏が猫を題材にした作品は60篇以上。その中から10篇を選び、夏休みの課題として、女子美術大学付属中学校2年生が挿絵を描いた。

じっくり読みこまなくてはなかなか描くことが出来ないと思われる感性が光る挿絵もあり、見ごたえがある。挿絵とともに、課題の大佛作品10篇のあらすじ、引用を紹介している。

展示中の挿絵と大佛作品を一部紹介


「猫の風呂番」(エッセイ)は、大佛家の浴室で、ほかの猫と離れて暮らしている雌猫の話。


ある寒い日、風呂に入ろうとした大佛次郎氏は、バスタブの蓋の上に猫がいるので湯船を遠慮する。


あとで聞いた話によると、猫はまるで女王様のように浴室で快適に暮らしているのだった。

実現した大佛次郎氏と中学生とのコラボ


同じ作品を取り上げても、挿絵は様々。


挿絵展示だけでも楽しめるが、これらの作品は単行本『猫のいる日々』に収録されているので、先にじっくり挿絵を鑑賞してから読むのも良し、本を読んでから「どんな場面かな?」と想像しながら展示を観るも良し。


時を超えて実現した、大佛次郎氏と中学生とのコラボレーションを楽しもう。

『猫のいる日々』


『猫のいる日々』は500匹以上の猫と暮らしたという大佛次郎氏が書いた、猫のエッセイ、小説、童話あわせて60篇以上を収録した作品集。大佛氏没後の1978年に六興出版より刊行され、現在は徳間文庫で販売中だ。

女子美術大学付属中学校2年生による挿絵『猫のいる日々』展示は12月25日(土)まで開催している。開館時間は10:00~17:00(入館は16:30まで)で、休館日は月曜日(祝休日の場合は翌平日)。

入館料は大人(高校生以上)200円、中学生以下、横浜市内在住の65歳以上の人は無料だ。また、毎月23日「市民の読書の日」と、第2・第4土曜日は高校生、障がい者手帳を持っている人と付き添いの人、1人は無料。

中学生が描いた『猫のいる日々』の挿絵を見に行ってみては。

■女子美術大学付属中学校2年生による挿絵『猫のいる日々』展示
会場:大佛次郎記念館 1階ロビー
住所:横浜市中区山手町113

画像をもっと見る

  • 11/5 18:58
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます