「あっそれは無理...」男性が99%嫌う非モテ仕草4選

拡大画像を見る


あなたが無意識にしている仕草で、男性はドン引きしているかもしれません。これからご覧いただくのは、男性が99%嫌う非モテ仕草。
これらの仕草をしていれば、恋愛のチャンスを逃しかねませんよ...。


大胆なあくび

あくびをするとき、周囲に人がいないか確認していますか?「誰も見ていないだろう」と、大胆にあくびをしていれば男性に引かれます。
大きく口を開けてあくびする、眉間にシワを寄せながらあくびする、そうした姿に「かわいい」と思う男性はいません。
せめて口元を手で隠したり後ろを向いたりと、恥ずかしがる様子は見せたほうが良さそうです。


舌打ち

嫌なことを頼まれたとき、思い通りにいかなかったとき、無意識に「チッ」と舌打ちしていないでしょうか?
その仕草に男性はドン引き。「女らしさを感じない」「怖そう」と思うようです。
舌打ちは相手を不快にさせる仕草でもあるゆえ、ただちに改善すべき。「人としてどうかと思う」と、人間性まで疑われる場合もあります。


歯を舌で舐める

男性と食事をした後、食べたものが歯についていないか気になりますよね。でも、その場で歯を舐めるのはNG。
それだけで、男性は「あっそれは無理...」と幻滅してしまいます。もし気になるなら、一度その場から離れて鏡でチェックすること!
そこで面倒くさがっていれば、目の前にいる彼に嫌われてしまうでしょう。


わざとらしい大きなため息

わざとらしい大きなため息も、男性に嫌われる非モテ仕草。そばにいる男性は「俺のことで怒ってる?」と思うため、近寄りがたく感じるようです。
たとえ男性とは無関係のため息でも、誤解を与える可能性があります。
もし「やり切った!」といった前向きなため息なら、笑顔を見せるだけでも印象は異なりますよ。

あなたが普段している仕草はありませんでしたか?非モテ仕草は、とくに男性の前で見せるべきではありません。
こうした仕草が癖のようになっている人もいますので注意してくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/6 20:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます