それは幻滅だわ!された瞬間、女として見られなくなる【NG仕草】

拡大画像を見る

男性は女性に対して、された瞬間に女として見られなくなる仕草があります。気が付かないうちにNG仕草をしていて、恋愛対象外になっていたら悲しいですよね。そんな悲しいことにならないために、女として見られなくなってしまうNG仕草を知っておきましょう。今回は、された瞬間、女として見られなくなる【NG仕草】をご紹介します。


下ネタに抵抗がない

下ネタに抵抗がなく、飲み会の場などで、平気で下ネタの会話に入っていける人は、男性から女性としてみてもらえてないかもしれません。その場で話題が下ネタになったら、少し恥ずかしそうにしたり、ノリに乗っからずスマートにかわしましょう。下ネタを拒絶しすぎても「ノリが悪い」と思われる可能性があるので注意しましょう。


声やリアクションが大きい

声やリアクションが大きい女性は、一緒にいて楽しいですし、明るく元気な印象を与えますが、女としては見てもらえず「友達」止まりになってしまいます。また、人によっては「下品」という印象を持ってしまう場合もあるのです。声やリアクションが大きい人は、自覚している人がほとんどです。「自分かも...」と感じた方は、声やリアクションを控えめにすることを意識しましょう。


笑いながら手を叩く

笑うときに、手をバンバン叩くのが癖になっている人っていますよね。笑いながら手を叩く行為は、他人から見ると意外と目につくものです。手を叩くとしても小さく、音が鳴らない程度にするといいです。癖になってしまっている人は、直すのが中々難しいので、常に意識するようにしましょう。


足を開いて座る

足を開いて座っている女性を見て男性は「下品だ」「女性らしくない」と感じます。女性からすると、足を揃えておくのは大変ですし、疲れてしまいますよね。飲み会などでリラックスしてくると足が徐々に開いてきてしまいます。気になる男性といるときは、足を開かないように注意し、足が辛くなってきたら「疲れちゃったから楽な体制にならせてもらうね。」など、さらっと足を崩すことを伝えてから崩しましょう。
今回は、された瞬間、女として見られなくなる【NG仕草】をご紹介しました。自分の仕草を振り返ってみましょう。女として見られなくなるNG仕草をしてしまっている人は、直すことができるように、意識してみてくださいね。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/6 19:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます