Snow Man目黒蓮『消えた初恋』青木・道枝駿佑にやっと見せた笑顔に“呼吸困難続出”、林間学校での密着ハグからの告白に期待

拡大画像を見る

 なにわ男子の道枝駿佑(19)とSnowManの目黒蓮(24)がダブル主演を務めるドラマ『消えた初恋』(テレビ朝日系)の第4話で、想いがすれ違いながらも、井田(目黒蓮)が見せた青木(道枝駿佑)への笑顔が、多くの視聴者を胸キュンさせたようだ。

 このドラマは、現在『別冊マーガレット』(集英社)で好評連載中の、アルコ氏が作画、ひねくれ渡氏が原作を担当する同名タイトルコミックが原作。10月30日放送の第4話は、あっくん(鈴木仁/22)の半ば強制的な仲裁により、消しゴムに書かれていた名前のせいで、「青木の好きな人は井田」という風に見えてしまった事実を青木が説明。井田の誤解は解消した一方で、なぜか青木の心はモヤモヤしたまま。

 そんな青木を心配していた橋下さん(福本莉子/20)だが、あっくんが勘違いをしていることに気づかず、無邪気に「自分が傷つきたくないだけじゃん。そもそも、ごまかしたのが悪いんだから(青木の)自業自得だよ」と言い放ったため、怒ってビンタしてしまう。

 そんな中、テストの点数が急に良くなったことを、先生にカンニングをしたかのように問いかけられ、青木は必死に否定するが、言えば言うほど逆効果に。そこに井田が現れ、成績アップは先日の勉強会のおかげだと説明して、青木のピンチを救って……という展開。

 今回も胸キュンが盛りだくさんだったが、特に井田への反響が大きく、視聴者はツイッター上で「井田くん、笑顔が最高すぎて呼吸困難になるかと思った(笑)あっくんと青木と3人で戯れてるシーン延々と見ていられるし、テスト結果で笑いかけるシーンも青木の気持ち超わかる!」などと盛り上がっていた。

■福本莉子の演技も高評価

 これは、ドラマ冒頭、2人の誤解が解けて良かったと思い込んでいるあっくんが、青木の後ろから「迷惑かけたのに反省しろ!」と抱きつき、悪ふざけして首を締めたため、井田が「マジでやり過ぎだろ。やめろって」と、笑いながらあっくんを止めようとするシーンのこと。

 また、井田への恋心を消そうとしていた青木が、テストの点数が良かったため、思わず「見てくれよ、これ! 勉強会のおかげ!」と、うれしそうに答案を見せたとき、井田が「やったな、スゲえじゃん」と笑いかけたシーンも。井田の優しい笑顔に、青木は「ほわ~」としてしまうのだが、視聴者も同様だったようだ。

 さらに今回は、青木の恋の苦しみを理解し、あっくんに勘違いしていたと気づかせるなど、大活躍だった橋下さんへの反響も大きかった。「青木のために好きな人にもしっかり怒れる橋下さん、本当にすてきな女性や」などと人気で、演じる福本も「天使のようなクラスメイト」を完璧に再現していると、原作ファンにも好評だ。

 次回の第5話は、ついに井田への恋心を認めた青木が、あっくんに背中を押され、林間学校の旅先で告白する決意を固めるらしい。予告動画では、山の斜面を転がり落ちる青木と井田の姿や、井田が「本気なのは十分伝わってるから」と青木に頭ポンする姿が見られる。

 井田が青木を守るため、頭と腰を抱えながら斜面を転がり落ちる、アクシデントの密着ハグだけでなく、再び想いが通じ合った2人が、本当のハグに発展することを期待したい。(ドラマライター/ヤマカワ)

■目黒蓮と道枝駿佑のオフショット公開!

 すれ違う2人の想いの行方がどうなるのか? 後半に期待だ。

※動画はテレビ朝日『消えた初恋』公式ツイッターアカウント「@oshidoraEX」より

関連リンク

  • 11/6 20:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます