ビッケブランカ「震えてます」ツアー最終公演に主題歌担当のドラマ主演女優が登場

拡大画像を見る

 シンガー・ソングライターのビッケブランカ(33)が6日、東京・LINE CUBE SHIBUYAで、全国ツアー最終公演を行った。新アルバム「FATE」の収録曲を中心にパフォーマンスを繰り出して、「ホントに幸せもんだと思います。やって来て良かったと、改めて感じてます。(デビュー)5周年が始まりますが、幸せの絶頂です!!」と万感。収容50%のファン1000人に、「マスクでもみんなの顔、見えてるから。感じてること、全部分かるんです。2022年もすべての音楽を愛してもらえたら」と伝えた。

 アンコールでは、NHKドラマ「群青領域」(金曜、後10・00)の主題歌「北斗七星」を初歌唱。“完走祝い”に駆けつけた主演女優のシム・ウンギョン(27)から花束を贈られて、「想定外の方で、衝撃なんですけど。右足が震えてます」と大興奮だった。

関連リンク

  • 11/6 20:10
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます