姫野みなみ、2ndDVDで家庭教師に「挑発的な表情が個人的におすすめ」

拡大画像を見る

グラビアアイドルの姫野みなみが6日、都内でDVD『清純の女神が舞い降りた!』(イーネット・フロンティア)の発売記念イベントを開催し、報道陣の取材に応じた。


自身2枚目となるDVDで、前作に続き撮影地は宮古島。「1枚目は初々しさを出したけど、今回はぐっと大人っぽくなって成長した。私は初々しいよりもお姉さんキャラのほうがあっているかなって。自然体でできました。監督も前と同じ方だったので緊張はだいぶなかったです」と振り返った。


「お姉さんキャラ」と言うとおり、本作では家庭教師になりきっている姫野。家庭教師から誘惑されるも、すべては夢オチだった…というストーリーとなっている。「最初はメガネをかけて男の子の家で勉強を教えているシーンから。私の「もっと見せてあげようか?」というセリフがあるのですが、それはファンの方に好きだった人は多かった」と語った。


最もセクシーな場面は「ウェディングドレスっぽいハイレグ」で、「私の挑発的な表情が個人的におすすめ」と妖艶にほほ笑み。「あとは女神っぽい衣装もあるし、ゴールドの水着で踊るっていうグラビアでよく見るシーンも収録されています。オイルで髪の毛がベタベタですけど、セクシーです」とアピールした。


来週誕生日を迎え、24歳となる姫野は「グラビア以外の活動も色々広げたい。スポーツが好きなので、スポーツの番組に出たいな。前、ゴルフの仕事をしたときにファンと一緒にゴルフをやりたいねって思った。私はマネージャーの方針で撮影をやらないので、交流が少ない。撮影会以外で交流をしたいですね」と抱負を述べた。


結婚について話題がおよぶと、「35歳までにしたい」という。姫野は合気道を1年間習っており、痴漢も撃退した経験もあるが、「いまは守ってほしいので合気道はやめました。どんな人に守ってほしいか?うーん、男性なら誰でも!弱そうに見えて強いのも、強そうなのも素敵!」と話した。


関連リンク

  • 11/6 20:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます