アンガールズ田中、受け入れられない老化を告白 フット岩尾に敬意も

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・アンガールズの田中卓志が5日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系/毎週金曜21時58分)に出演。受け入れられない自身の老化について告白した。

 トークの中で田中は45歳になって身体の老化を感じるようになったとポツリ。田中は「2個受け入れられない老化があって…」と切り出すと「それが“白髪”と“後ろハゲ”」と告白。

 白髪について田中は「笑いにならないんすよね!」と不満を口にすると「単純に老化でしかないし、先輩芸人で白髪で笑いとってる人見たことないんすよね」と語り、笑いに変えられれば白髪を受け入れられると説明した。

 また田中は後頭部の方の頭髪も薄くなってきていることを明かしつつ「前ハゲ受け入れてたから後ろハゲなんて全然いけると思ったら、急に恥ずかしい気持ちが生まれてきて…」と照れ笑い。恥ずかしい理由について「こっそり見られるじゃないですか?ここって」と視線を感じないまま他人に見られていることが恥ずかしいと力説。

 さらに田中はお笑いコンビ・フットボールアワーの岩尾望を引き合いに「だから最近、岩尾さんがすげえ人だなって思って」と話し、「20代からハゲを受け入れて、後藤さんが横にいたら“謝れ!”って言われて、謝ってハゲ露出して、これだけでも精神的に厳しいのに、“ハゲとるやないか!”って叩かれて…それでもニコニコして。俺出来ない」と笑い交じりに語ると、MCの松本人志も大爆笑していた。

 そのあとも、千鳥ノブが尿もれ、松本が痔瘻のエピソードを明かして老化トークに花が咲いた。

関連リンク

  • 11/6 17:16
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます