返礼品はコーヒー「探偵物語」で愛飲 松田優作さん三十三回忌法要

拡大画像を見る

 1989年に亡くなった俳優・松田優作さんの三十三回忌法要が命日である6日、東京・築地本願寺で営まれた。

 法要は親族、関係者らのみで執り行われ、60人が出席。女優・原田美枝子、俳優・水谷豊、寺島進、イラストレーターで俳優のリリー・フランキーらも参列した。優作さんの妻で女優の松田美由紀は「亡くなって32年。生きている時も亡くなってからも、これほどまで長く愛され続ける男だったんだと、改めて優作の偉大さを実感し、そして本当に感謝しています」とコメントを発表した。

 参列者への返礼品は「珈琲」だったという。優作さんの代表作の1つ「探偵物語」にちなんで用意されたもので、ブルーマウンテン、キリマンジャロ、モカ、それぞれのパッケージに優作さんのステッカーが貼られた。

 「探偵物語」では優作さん演じる探偵・工藤俊作が3種類をブレンドしたコーヒーを愛飲しているという設定。オープニングでコーヒーを吹き出すシーンは、同作のコミカルな部分の象徴ともなっている。

関連リンク

  • 11/6 19:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます