新型コロナワクチン、3回目接種は2回目の8カ月後以降を目安に

拡大画像を見る

 各自治体(区・市町村)が実施主体となり、厚生労働省が定める接種順位に基づき、企業の協力を得た「職域接種」や、都道府県や自衛隊が実施した「大規模接種」を含め、新型コロナワクチンの接種が進められてきたが、「追加接種(3回目接種)」の概要が分かった。
 通算3回目となる追加接種は1回のみで、「2回目接種を終了し、おおむね8カ月以上経過した人」を対象とし、接種時期の2カ月前を目安に、自治体から接種券を発送する予定。ただし、医療従事者はスケジュールが異なる可能性がある。
 首相官邸の「新型コロナワクチン情報」特設サイトによると、2021年11月5日公表の新型コロナワクチン2回接種完了者は日本の全人口の73.1%。1回完了者は77.8%に達し、世界的にみても高水準となっている。

関連リンク

  • 11/6 19:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます