おぎやはぎと蛙亭の不思議な関係 小木の妻、矢作の息子も「イワクラに似てる」

拡大画像を見る

4日深夜に放送された『木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)の中で、妻の奈歩さんがYouTubeでの配信動画に登場していることを明かした小木博明。彼女が出演しているのは、少年隊の植草克秀と錦織一清が手がけるYouTubeチャンネル『ニッキとかっちゃんねる』で、30年来の付き合いだという2人を手伝うためにロケに参加したという。

もともと「出たがらない人間」という妻が、手伝いとはいえ突如動画出演を果たしたことに「もうドキドキ」とかなり緊張しながら動画を視聴したという小木。「やっぱりね、こうね…なんかこう最初に出てきた、この素人の人が出てくる、この照れてる感じの姿を見てるのがもう恥ずかしいというか…」と語り、慣れない妻の姿が随分こそばゆく感じてしまったようだ。

そんななか、改めて妻を客観視したことで発見があったという。「画面越しで見た奈歩って、“イワクラ”」と語った小木、マスクをとった妻の顔が男女お笑いコンビ・蛙亭のイワクラにそっくりだというのだ。動画ではどことなく似ている感じは見受けられるが、「たしかにイワクラにちょっと似てんな」と共感した相方・矢作兼に対し「めちゃくちゃ似てるから、イワクラに対してなんか…そういう目で見ちゃうな」「似てんのよ。イワクラ? って思っちゃうぐらい似てる」と小木が力説するところをみると、実物は相当似ているのかもしれない。

すると矢作も「イワクラとうちの朔太郎、凄い似てんのよ」と現在2歳になる息子とイワクラがそっくりだと明かし、小木を驚かせた。とはいえ似ているのは顔ではなく“笑い方”だった。「イワクラの笑い方と朔太郎の笑い方一緒だよ」「家ではクラ太郎って呼んでるんだから」とこちらもかなりの類似ぶりだと告白し、似ている部分は違えどコンビそれぞれがイワクラに親近感を持っていることが判明したのだった。

ちなみに蛙亭は吉本興業所属だが、イワクラはテレビ朝日が運営するYouTubeチャンネル『もういっちょTV』に出演した際「もしNSCに入っていなければ人力舎に入りたかった」とプロダクション人力舎への憧れを告白したことがある。結局NSCに入学する道を選んだイワクラだが、おぎやはぎといえば人力舎の看板芸人。もし所属していたらさらに親近感が増していたことだろう。

画像2、3枚目『錦織一清公式 Uncle Cinnamon Official Info 2021年9月21日付Twitter「本日YouTubeの撮影でした」』『蛙亭 イワクラ 2021年6月16日付Instagram「この度芸名を岩倉美里からイワクラに改名することになりました」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

関連リンク

  • 11/6 18:40
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます