INI、グループ内での役割は?木村柾哉が語る目標「ドームツアーをしたい」<「A」インタビュー後編>

【モデルプレス=2021/11/06】日本発のサバイバル オーディション番組「PRODUCE101 JAPAN SEASON2」から誕生したグローバルボーイズグループINI(アイエヌアイ)が11月3日、デビューシングル「A」をリリース。それを受けて、モデルプレスではインタビューを実施。【後編】ではデビューメンバーに選ばれた際の心境や、11人それぞれが明かすグループ内での役割や目標について語ってもらった。<モデルプレスインタビュー>

◆「PRODUCE 101 JAPAN」から生まれたINI

「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」で約3カ月にわたり熾烈な競争が繰り広げられ、番組視聴者である”国民プロデューサー” の投票により選ばれた池崎理人(いけざき・りひと/20 ※「崎」は正式には「たつさき」)、尾崎匠海(おざき・たくみ/22)、木村柾哉(きむら・まさや/24)、後藤威尊(ごとう・たける/22)、佐野雄大(さの・ゆうだい/21)、許豊凡(しゅう・ふぇんふぁん/23)、高塚大夢(たかつか・ひろむ/22 ※「高」は正式にははしごだか)、田島将吾(たじま・しょうご/23)、西洸人(にし・ひろと/24)、藤牧京介(ふじまき・きょうすけ/22)、松田迅(まつだ・じん/19)、11名のメンバーにより構成されたINIが誕生。

デビューシングル「A」には、最高クラスを表す「A」、すべての始まりである「A」という意味が込められている。ファン投票で選ばれた活動曲「Rocketeer」は強烈なベースとビートサウンドで力強さを見せつけるパワフルなパフォーマンスと共に、ロケットのようにグループがより高く、広く知られる起爆剤となる1曲。さらに、それと対照的に甘いピアノのアルペジオを基盤としたエレクトロニックポップジャンルのダンス曲である「Brighter」、オーディションの最終審査で披露し、多くの感動を呼んだ「RUNWAY」「ONE」などINIのあらゆる魅力を知ることのできる数々が収録されている。

◆INI、デビュー決定時の心境振り返る

― INIとしてデビューの決まった時の心境を改めて教えてください。

松田:オーディション期間中の話にはなるのですが、初回からデビュー圏内に入っていた錚々たるメンバーの中で、僕は初回が47位という順位で、実は1度もデビュー圏内に入ったことがなくて、ファイナルも緊張で全然眠れなかったんです。「あー明日で終わっちゃうんだな」とか「デビューできなかったらどうしよう」とか考えてしまって色々と不安でした。でもやっぱり応援してくれている僕のファンの皆さんがいたので頑張れて、ファイナルで輝けたのかなと思います。デビューメンバーとして、自分の名前が呼ばれて、心の底から喜びを感じることができましたし、ずっとずっと追いかけてきたものがやっと掴めたので、達成感や充実感が言葉では表せないくらいありました。

後藤:僕は11位という順位で呼ばれて最後に発表されたのですが、ファイナルで最後11位に誰が選ばれるかとなった瞬間に、自分より(前回発表時の)順位が高い人が4人もいて、その人たち以外の練習生も皆すごく武器があって、魅力のある人たちばかりだったので、正直自分に全く自信がなかったんです。今は切り替えて、ファンの人に支えてもらえたからこそ、今ここに立っていられるんだと思って、常に前向きな気持ちを持って、感謝しながら頑張っています。

◆INI、11人それぞれの役割・目標は?

― それぞれのグループ内での役割や目標を教えてください。

田島:韓国合宿で感じたのは、柾哉くんがリーダーに決まったことで、自分の中でもっといいポジショニングで柾哉くんを支えていこうと思ったのですが、それが意外に難しくて、今も探している最中なんですけど…、それを最近柾哉くんに話しました。というのが近況なんですけど(笑)。あとは、ラップもダンスもどちらとももっと成長していくことが、チームとしての向上にも繋がると思うので、努力を怠らずに頑張っていきたいです。

尾崎:チームでは柾哉くんがリーダーとしてダンスを引っ張ってくださっているんで、僕もチームでできることを探しながら意見や発言をしているんですけど、自分は何で貢献できているんだろうと今結構すごく悩んでいて…。強みである歌をまだ十分に生かしきれてないというか、少しもどかしい部分を感じることもあるので、今後は歌でもっと貢献したいです。色々な方面からもINIを知ってもらうきっかけになればと思うので、色んな強みを武器にして貢献できたらいいなと思います。

高塚:僕の1番の武器は歌なので、そこで引っ張っていけたらと思っていて、これからのINIの曲でも注目が集まるようなパートに挑戦していきたいという気持ちがあります。あとはメンバーとの話し合いで、皆が気付けていないようなことを提案できるような存在になっていけたらいいなと思います。

西:僕はダンスをずっとやってきたので、そこで貢献したいというのは、大前提としてあります。それに加えて、メンバー皆が自分を出すことのできるようなグループにしたいです。最年長として、皆の居心地が良くて意見も出していくことのできるグループにできたら、それぞれの個性が出るINIというグループになると思うんです。僕がそんな雰囲気を作っていけたら…まあ超簡単に言ったらムードメーカーみたいな感じですかね(笑)!皆が素で居られて意見を出し合えるようなグループ、にする担当。

一同:ははは(笑)。

木村:リーダーとしてのポジションは大前提として、ごみとかを見つけるのが上手いんですかね、僕(笑)。

一同:ははは(笑)。

木村:何故かすぐに見つけてしまうんですよ。スタジオにポロっと落ちているごみをすぐに見つけるのが特技で…。

松田:特技(笑)。

木村:それを「落ちているよ~」とか「捨ててね」とよく声をかけるので、掃除で貢献したいなと思います(笑)。

西:(真面目に語ったことを振り返って)めちゃくちゃ恥ずかしいやん、俺(笑)。ちょっと俺良いこと言ったからね!

藤牧:掃除担当。

木村:掃除で貢献したいですね。

西:掃除担当…。

木村:(笑)。(西と)真逆なので。はい、以上です(笑)。

藤牧:自分はやっぱり歌が武器だと思っているんですけど、一緒に活動していく中で自分の持ってない歌声や、それを歌えるメンバーが本当に沢山いるので、そこをもっともっと盗めたらいいなと思っています。それと、ずっとオールラウンダーになりたいと考えていて、すごくダンスが上手なメンバーと一緒に活動しているので、もっと成長してレベルをアップしていって、いずれはラップにもチャレンジして、武器である歌のレベルも高め続けて、歌・ダンス・ラップの全てできるオールラウンダーを目標にどんどん頑張っていきたいです。

松田:僕がグループの最年少なんですが、最年少はすごく重要な立ち位置だと思っていて。「あ、この子がグループの最年少なんだな」と覚えられることが多いと思うんですけど、その最年少が踊れなくて歌えなかったら、気にもならないグループになってしまうかもしれないので、気を引き締めてこれからもどんどん成長していかないといけないなと思います。逆を言えば僕がどんどん上手くなって、お兄さん達をどんどん超えていけるようになれば、たくみんも言ってくれたように、INIを知るきっかけの幅も広がると思っています。

許:1つ目は歌に関してで、もちろん実力がまだまだなんですけど、僕の歌い方は3人(尾崎・高塚・藤牧)と違う歌い方だと思うので、僕のボーカルが良いスパイスになったらいいなと思っています。2つ目は、グローバル面に関してのことで言語だけでなくもっと内面的なことを言うと、僕は色んな国で生活した経験があって、色んな人と色んな文化と接触してきたので、僕がいることでグループが1つの固定観念に囚われないようにアイディアを出していけたらいいなと考えています。

佐野:僕は歌もダンスもまだまだで、こんなにすごいメンバーに囲まれて毎日練習できることがすごいことだと思っています。そして、そんな場所を良い意味で利用して僕が成長することがチームの成長に直結すると思うので、それを毎日心がけて練習して、ゆくゆくはテレビで僕達がパフォーマンスをしてアップで映った時に僕がパッと目を引いて「このチームカッコイイな」と思ってもらえる、起爆剤のような役割を担えるようになりたいです。

後藤:ラップ・ボーカル・ダンスの中で、自分の中では1番ダンスに自信があって、でも木村、西、たじの3人…。

一同:ははは(笑)。

松田:急に呼び捨て(笑)。

西:なんかこの3人呼ぶ時いつも急に呼び捨てになるよね(笑)?こっちがびくってしちゃう(笑)。

後藤:木村、西、たじ…。

藤牧・木村:田島じゃないんだ(笑)。

後藤:3人は3人の魅せ方やそれぞれのかっこよさがあるんですが、自分はあんまり味がないというか。

田島:いや、そんなことはない!

後藤:木村、西、たじの3人には無い違った魅せ方というのを自分はできないから、それが(できたら)またINIとしての武器が増えることになるので、そこを磨いていけたらと思います。

田島:めっちゃ上手くなってる。昨日皆で練習したんですけど、動画で威尊を見てたんですよ。めっちゃ上手かった!

後藤:ありがとうございます。ほんま?

田島:ほんま(笑)。

後藤:ダンスの振付を踊るよりも、踊ってない時の方がすごく(技が)出るというか…。そういうところがまだまだ3人には叶わないので、もっと研究していけたらなと思います。

池崎:僕はグループの中でガチラッパーを担当したいですね。

西:ガチラッパー(笑)!

池崎:マジガチのラッパーで。もちろんグループとしてどんどん拡大して活躍していくことは大切ですが、目標としてラップをするなら本当にヒップホップシーンに貢献できる位の、「MC理人はアイツだ」みたいな。

一同:ははは(笑)。

西:MC理人?a.k.a.ガチラッパー?

池崎:そう。MCたじ、MC西、合わせて「アイツらガチだわ」みたいな。そう言われるようになるのが目標で、今はまだまだなんですけど、いずれは作曲に打ち込めるようになりたいですし、ラッパーとしてかっこいい1人になりたいですね。

◆木村柾哉、リーダーとしての“これから”を語る「ずっと仲良しでいたい」

― それでは、グループ全体としての目標や野望を教えてください。

木村:今はデビュー前で多分「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」を見てくれていた方々が僕たちを知ってくださっていると思うんですけど、デビューしてからは色んなところで色んな方に知っていただく機会が増えると思うので、もっともっと大きくなりたいというのが野望ですね。それと、目標にしている「グローバルで活躍する」ということに関しては、僕たちはまだ語学力の面で豊凡に頼りっきりな部分があるので、徐々に勉強を重ねて、その目標を実現するために、コツコツとやっていきたいなとも思います。…まあ、あとはずっと仲良しでいたいなっていう野望があります!何年経っても。

― どこでライブをしてみたいですか?

木村:そうですね、僕はドームツアーをしたいですね。

尾崎:4大ドーム!

木村:大きいところですごい演出で、こだわってライブしたいなという目標はあります。

― では、最後にファンミーティングがこれから控えていると思いますが、現在のお気持ちをお聞かせください。

木村:初めて直接MINIの方にお会いできるということで、まだ状況が把握できていないくらい、すごく夢みたいです。まだほわほわしているんですけど、本当に楽しんでもらいたいし、INIとして初めましての会なので、絶対に満足してもらえる以上のものをお見せしたいし、色々な企画をやると思うので、色んな風に楽しんでもらえるように準備を頑張っていきたいと思います。まだどのような形で登場するかはわからないんですが、ステージに一歩踏み入れた瞬間、多分込み上げてくる気がしています(笑)。

― ありがとうございました。

★「A」の収録曲にまつわる話や韓国合宿でのことについてINIに迫った【前編】も公開中!

(modelpress編集部)

◆INIプロフィール

韓国の音楽専門チャンネル「Mnet」で放送された大ヒットサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101」シリーズの日本版第2弾となる「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」。

様々な評価やバトルを経て、国民プロデューサーと呼ばれる視聴者の投票により、101人の練習生から上位11人が決定。木村柾哉、高塚大夢、田島将吾、藤牧京介、尾崎匠海、西洸人、松田迅、許豊凡、池崎理人、佐野雄大、後藤威尊がデビューメンバーに選ばれた。

グループ名には「I(僕たちは)、I(あなたと)、NETWORK(ネットワーク/繋がっていく)」という意味が込められており、3日にデビューシングル「A」をリリースした。


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/6 18:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます