木村拓哉 少年時代の趣味は「切手集め」!? 「『見返り美人』とか、お年玉を2万円くらい使いました」

拡大画像を見る

木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。10月31日(日)の放送では、リスナーから寄せられたメッセージにまつわるトークをお届けしました。



◆木村拓哉が子どもの頃に集めていたものは?
<リスナーからのメッセージ>
先日、実家の掃除をしていたら、子どもの頃に集めていた「鉛筆のキャップ」がたくさん出てきました。なぜ、キャップだけこんなに集めたのか謎ですが、捨てずに大事に取っておきます。キャプテン(※本番組での木村の呼称)は、子どもの頃に集めていたものはありますか? あと、「なぜこれに熱中していたんだろう?」みたいなモノ・コトはありますか?(27歳 女性)



木村が、ふと思い浮かんだものとして挙げたのは「切手」。

「けっこうお年玉を使ったりとかして(買っていました)。高いやつは高いんですよ。『見返り美人』とか、お年玉を2万円くらい使いましたよ。小学校の俺、お年玉すっげぇ貯めて切手を買っているんですよ(笑)。(当時は切手に夢中で)『うっわ! すっげぇ』『これ、オリンピックの記念切手なんすか!?』とか言いながら。なんでそれを買いに行っていたんだろうっていう(笑)。わかんないよね」

当時は、“ガンプラ”こと「機動戦士ガンダム」シリーズのプラモデルが流行っていた時代とあって「なんでガンプラに(お年玉を)注ぎ込まないで、『見返り美人』の切手1枚に2万円も使っているんだろう。ガンプラだったら、すっげぇ揃えられたじゃん!『シャア専用、全部いけたんじゃね?』っていうぐらいの金額を。1枚の切手にですよ!」と興奮気味に語ります。ちなみに、お年玉をはたいてまで集めていた切手はというと、「今どこにあるのかわかんないです(笑)。本当に覚えていないですね」と苦笑い。

また、一時期、都内のとある場所で縄文式土器の破片を拾ったのがきっかけで、「土器」にハマっていたと言い、「『これ、土器の破片かなぁ?』って持って帰って水洗いしたら、すげぇ模様が出てきて。『うわ、やっべぇ!』っていうところからドーンってハマって」と振り返ります。

続けて「一時期、貝塚も超好きでしたね。その当時、いい言い方をすれば“トレジャーハント”をしていたね。クッキーかなんかの四角い缶のなかに綿のようなものを敷いて、自分が見つけた(土器)を『縄文ゾーン』『弥生ゾーン』に分けて。その缶がいっぱいになってきたら、『よし、もうひと缶だ!』みたいな感じでやっていましたね」と熱弁。

しかし、そこまでハマっていた土器も、切手と同様に「どこいったのかっていうね(笑)。あれ、なんでですかね? 当時の少年・木村は、ドーンってスイッチ入っちゃうんでしょうね(笑)」と懐かしそうに少年時代を振り返りました。

次回の放送は11月7日(日)です。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年11月8日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30~11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/

関連リンク

  • 11/6 17:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます