シティポップとしてのB’z――B’zと山下達郎をつなぐ“グルーヴ”とは

 2021年現在、多くの人がイメージするB’zの音楽性は“ロック”あるいは“ハードロック”的なものだろう。加えて、最初期にはTM NETWORKの系譜に連なるダンサブルなポップスを披露していたことも、少しでもB’z史を掘り下げたことがある方ならご存知のはずだ。

 そうした彼らのキャリアの中で見過ごされがちな印象があるのが、’90年代後半までしばしば見られた、R&Bやソウル/ファンク/AORなどを踏襲した音楽性である。特にB’zのデビューから最初の10年間の音楽的変遷を見守り続けたファンにとっては、忘れがたい名曲がいくつも浮かぶのではないだろうか。昨今のシティポップやヨットロック(Yacht Rock:日本国外におけるAOR的音楽の総称)の世界的流行を鑑みても、もっと光が当たってしかるべき側面だと感じる。

 折しも、そうした音楽性を色濃く反映したミニアルバム『FRIENDS』シリーズの25年ぶりの新作『FRIENDS III』が12月にリリース予定であることが先日告知された。これを機に、彼らの都会的なソングライティングやサウンドデザインの素晴らしさが、コアなファン以外にも知られていくことを願ってやまない。

 ビーイングを出自に持つ音楽家たちを“グルーヴ”やアレンジの観点から語る本短期連載。最初の2回では、上記のような、B’zの知られざる魅力を前編・後編に渡りお送りする。この前編では、ひとりの“伝説のドラマー”を切り口に、シティポップなど、まずロック以外の視点での楽しみ方を紹介したい。そして、来週お届けする後編では、『FRIENDS』シリーズ2作と、その間の時期にリリースされた重要作『The 7th Blues』(’94)を軸に、具体的な楽曲をさらに挙げながら彼らのソウル/ファンク/AOR的な魅力を解き明かしていこうと思う。

B’zと山下達郎の交差点

 2010年代に海外から火が点いたシティポップ・ムーヴメントの中でも、最大級の評価を得ているのが山下達郎だ。

 2013年にアメリカ・ブルックリンを拠点に活動するセイント・ペプシ(現・スカイラー・スペンス)が自身の楽曲に「LOVE TALKIN’(Honey It’s You)」をサンプリングしたことを契機のひとつとして、特に『FOR YOU』(’82)の世界的人気~中古レコード市場での価格高騰ぶりは今なお目覚ましいものがある。イントロ一音で心を掴まれる冒頭の「SPARKLE」から締めくくりの雄大な全英詞バラード「YOUR EYES」まで全編隙なしの本作は、シティポップの枠を越え、日本ポピュラー音楽史上屈指のマスターピースとの呼び声も日に日に高まっている。

 この『FOR YOU』に先駆け、彼は今なお幅広い世代に愛されるシングル「RIDE ON TIME」および同名のアルバム(’80)をヒットさせているが、この2枚のアルバムのほとんどの楽曲で、ドラム・ベースは共通のメンバー(それぞれ青山純・伊藤広規)が起用されている。後に国内随一のスタジオ・ミュージシャンとして知られていく彼らの若き日のアグレッシヴかつテクニカルな演奏が、この時期のソウルやファンク~フュージョンを絶妙に掛け合わせた山下達郎作品のクオリティを一層引き上げていることは、熱心な音楽マニアの方にはお馴染みのことかと思う。

 しかし、その青山純がB’zの数十曲もの楽曲でドラムを務めていた事実はあまり知られていないはずだ。ミリオンヒットの「裸足の女神」(’93)や「ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~」(’96)で聴ける演奏も彼のものである。

 アリーナロック的な先行シングル「ALONE」を収録し、B’zが打ち込みポップスから離れ始めた時期の人気作『IN THE LIFE』(’91)では、青山純は6曲のドラムを担当している。

 中でも「TONIGHT(Is The Night)」は、稲葉が「山下達郎さんになりたいと思っていました」という言葉を残している通り、アダルティなサックスと煌めくシンセが主張する編曲から、セブンスコードをびっしり詰め込んだ作曲構造に至るまで、現代の視座から“シティポップ”と呼ばれる楽曲の特徴をしっかり兼ね備えている。出だしの何気ないようで複雑な青山のフィルイン~オープン・ハイハットに顕著な、強い後ノリが生むグルーヴは(ウワモノが迫り出したこの時期特有のミキシング・マスタリングのため分かりづらいが) 、上記で挙げた山下達郎の諸作とも確実にリンクする部分がある。

ビーイング流ウォール・オブ・サウンドを“グルーヴさせる”演奏

 また、シャッフルビート寄りのアレンジで “跳ね” がより強調された『IN THE LIFE』1曲目「Wonderful Opportunity」での青山のプレイは、数年後のシングル「love me, I love you」(’95)で一層進化したスタイルを聴くことができる。ソウルやジャズ/フュージョンの要素を積極的にアレンジに取り入れた楽曲としては現時点で最後となる1st Beat(シングルA面)作品と言える本曲は、後年にシェーン・ガラースをはじめ多くのサポートドラマーが骨を折ったことから“B’z史上屈指の演奏難度”とも評されている。

 青山は、裏・表拍を激しく行き来するブラス・コーラス・シンセの間を縫うように、ハイハットのパターンやフィルインに様々な仕掛けを施している。B’zに限らず、この時期のビーイング楽曲には驚異的な音数とリバーブで隙間をビッシリ埋めたものが多いが、本曲での青山のプレイはそれらの情報量を一つに繋ぎ止め自然にグルーヴさせる、潤滑油のような役割を果たしていることがはっきりと分かる。その上、ソウルフルな “跳ね” のみならず、この時期すでにハードロックへのモデルチェンジを終えつつあったB’zの立ち位置に沿った派手さや荒々しさも、スネア一発の強度~タムの大小のダイナミズムで丁寧に演出している点が白眉だ。

 こうした演奏全体を束ねるグルーヴとロック的強度の融合は、その前年、B’zがソウル/ファンク/AOR的なアレンジに最接近した作品のひとつ『The 7th Blues』でも、「未成年」をはじめ、多数の収録曲中で実践されている。青山が全曲のドラムを務めた本作の魅力については、後編にて改めて触れていきたい。

 次回は『FRIENDS』シリーズと『The 7th Blues』から垣間見える、B’zと “グルーヴ・ミュージック” の蜜月について、より多くの楽曲を例示しながらご紹介していく。


前編・後編で紹介しきれない楽曲を含め、B’zのソウル/ファンク/AOR路線をまとめたプレイリストをSpotifyに作成したので、ぜひ新たなB’zの魅力の発見にご活用いただきたい。

*FREE SOUL:音楽プロデューサー・評論家である橋本徹氏による、1970年代ソウル周辺の楽曲の中から1990年代以降の感性に沿ったグルーヴィー/メロウな楽曲に光を当てていく、平成初頭から日本国内で広がっていったムーヴメントの総称。
本プレイリストはB’z・橋本徹氏の双方に非公式のものであり、一般的に知られるB’zの音楽性とは真逆に当たる(と思われがちな)この運動の名称をあえて冠した、ブートレグ的スタンスのものであることをご留意いただきたい。

  • 11/6 11:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます