ハライチ澤部、櫻坂46のライブでベテラン俳優と遭遇 応援グッズに「ダメですよー!」と指摘される

拡大画像を見る

澤部佑はテレビ東京で放送された欅坂46の冠バラエティ番組『欅って、書けない?』(2020年10月終了)に続き櫻坂46の『そこ曲がったら、櫻坂?』でMCを務めている。当初は澤部が欅坂46のライブに誘ったことでファンになったサンシャイン池崎も、今や澤部よりハマっているらしい。そんな2人が揃って櫻坂46全国ツアーファイナル公演に向かった。

11月4日深夜放送のラジオ番組『ハライチのターン!』(TBSラジオ)で、澤部がその時のハプニングを語った。サンシャイン池崎が運転する黄色いフィットに乗ってさいたまスーパーアリーナに到着したところ、遙か遠くから警備員が手を振って関係者駐車場に誘導してくれたという。他にいた関係者たちも会釈するので、澤部は「もしかして櫻坂46をプロデュースする秋元先生が黄色いフィットに乗っているから(そんなはずはないだろうが)俺たちを勘違いしているのではないか」という妄想が脳裏をよぎったそうだ。

関係者席に案内されると、まず小さな部屋があってそこから会場につながっていた。部屋には先客がおり「マスクをつけてすごいシュッとした男性」だったという。「おはようございます」とあいさつをかわして、ようやく俳優の村上淳だと分かった。テレビ朝日開局60周年記念ドラマ『24 JAPAN』(2021年3月終了)や映画『衝動』(2021年12月公開予定)など数々の作品で活躍するベテラン俳優である。

意外に思った澤部は初対面ながら「え、お好きなんですか?」と聞いたところ、共演した経験はないが欅坂46時代からずっとファンだというではないか。しかも村上は応援するためのペンライトを取り出し、櫻坂46のメンバーカラーを示すために2本を組みわせて使うことを説明し始めた。小池美波は「櫻(ピンク)と白」、上村莉菜は「櫻と櫻」などメンバーカラーが決まっているという。澤部もそこまでは知らず、村上から「え? 2本持ってきてないんですか! ダメですよー!」とツッコまれたそうだ。

一方のサンシャイン池崎は小池美波推しで、好きな楽曲『思ったよりも寂しくない』が始まるとハイテンションになり、応援用のバルーンスティックで澤部と頭を叩き合って盛り上がった。村上淳も満喫したようでライブが終わると「よかったですね~」と感激を分かち合って、櫻坂46のメンバーに挨拶することもなく先に帰ったという。

ちなみに『なごり雪』の大ヒットで知られるシンガーソングライターのイルカは、2019年9月に開催された『欅坂46 LIVE at 東京ドーム』へ招待されたことを公式サイトで紹介しており「地下駐車場からVIP室へと通して頂き、スタッフの皆様からの『神対応』にも感激いたしました」と当時の様子を描写している。部屋に入ったらまさかの村上淳と歌舞伎俳優の中村勘九郎がいてやはり驚いたという。2人でペンライトのつけ方を教えてくれたり、振り回して応援するタオルを首から外して貸してくれたそうだ。

画像2枚目は『サンシャイン池崎 超公式 2021年10月31日付Twitter「櫻坂46! 千秋楽!!!!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連リンク

  • 11/6 14:40
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます