宝塚歌劇の殿堂「花組 月組100周年展」開幕 懐かしい衣装展示やスタンプ復刻

拡大画像を見る

 兵庫・宝塚大劇場に併設される「宝塚歌劇の殿堂」で6日、企画展「花組 月組100周年展」が開幕した。

 1921年に花組・月組が誕生して、今年で100年。企画展では、組誕生から現在に至るまでの2組の歩みをパネルや衣装とともに展示された。衣装ブースでは、1974年に初演された「ベルサイユのばら」(月組)のオスカルの軍服を再現。また1999年の愛華みれトップお披露目となった「夜明けの序曲」(花組)は当時の衣装が残されており、実物が展示された。

 また過去公演の一部の公演記念スタンプも復刻。期間ごとに登場スタンプがかわり、自由に押印できる。

 期間は花組「元禄バロックロック/The Fascinatioin」(~12月13日)公演期間と、月組「今夜、ロマンス劇場で/FULL SWING!」(2022年1月1日~31日)の公演期間中。

関連リンク

  • 11/6 14:06
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます