『最愛』出演の高橋文哉、「役名を言えて嬉しい」 謎の情報屋の正体が明らかに

 女優の吉高由里子が主演を務めるドラマ『最愛』(TBS系/毎週金曜22時)に出演中の高橋文哉が5日にインスタグラムを更新。第4話放送後に劇中で演じる役名を公表すると、ファンから大きな反響が集まった。

 ドラマ『最愛』は殺人事件の重要参考人となった実業家・真田梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事・宮崎大輝(松下洸平)、そして、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬賢一郎(井浦新)の3人を中心に展開するサスペンスラブストーリー。

 高橋はこの作品の第1話から“情報屋”という役名で登場。劇中では梨央と対立する後藤(及川光博)の指令を受けて彼女の素行調査や会社の情報を探る姿が描かれてきた。回を重ねるごとに視聴者の間では、高橋演じる情報屋が梨央の行方不明になった弟ではないかと考察するコメントが増えていき、高橋扮する情報屋はドラマ内でも一際存在感を放っていた。

 そして5日に放送された第4話では、大輝が防犯カメラに映った情報屋の行方を追うという展開に。情報屋が“生田誠”という名前でマンスリーマンションに居住していた実態を突き止めたところで大輝が情報屋に遭遇。そしてラストシーンでは情報屋が梨央を呼び出し2人は対面。梨央が帽子を脱いだ情報屋に「優…?」と呼びかけ「もう会えんかもしれんと思っとったんやよ?」と語りかけると、情報屋も「ほんとはそのつもりやった…」と応え、第4話のラストシーンでついに“情報屋”の正体が明かされるに至った。情報屋の正体が優であったことが明らかになると、ネット上には「ヤバい!本当に優じゃん!!」「優で確定!!!」「やっぱり優だったんか!」などの声が殺到した。

 そんな第4話の放送直後に、高橋は自身のインスタグラムに「『最愛』第4話ご視聴ありがとうございました」と劇中の写真を投稿。さらに「改めまして、朝宮優を演じております高橋文哉です」と自身の役名を公表。高橋は第4話について「ラスト10分で色々なことが明らかになり、第4話にして初めて役名を言えて嬉しいです」と心境をつづっている。

 高橋の投稿にドラマを見ていたファンからも「いやもうなんとも切ない展開に涙涙でした」「優くんじゃないかと思ってた!!来週まで待てないよ〜」「かっこよかったし号泣したよ〜」といったコメントが相次いでいる。

また5日にはドラマ公式インスタグラムも高橋と吉高の姉弟ツーショットを公開。「再開できてよかったです」「あんなに会いたかった優くんに会えて良かったねー」「莉央ちゃん、優君必ず最後は、この笑顔で終わる様祈ります」といった声が寄せられている。

引用:「高橋文哉」インスタグラム(@fumiya_0_3_1_2)
ドラマ「最愛」インスタグラム(@saiai_tbs)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/6 11:51
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます