長続きは無理?!短命カップルの共通行動って?

拡大画像を見る


付き合ってすぐに別れる「短命カップル」は、なぜうまくいかないのでしょうか。じつは、最初のうちは好きでいてもお互いに飽きてしまい、ダメになるパターンが多いようです。
そこで今回は、長続きできない短命カップルの共通行動について解説します。


休みごとに一緒にいる

どんなに仲がいいカップルでも、あまりに会いすぎると飽きてくるもの。それでも、休みごとに会う約束をしていては「会いたい」ではなく「会わなきゃいけない」とプレッシャーを感じるかもしれません。
とくに男性のほうが、恋愛の優先順位は女性ほど高くないようです。あなたが会うことばかり考えていると、彼のほうが重荷になる可能性もあるでしょう。


付き合い始めだけ盛り上がる

付き合い始めの頃は、相手に理想を求めて盛り上がるでしょう。しかし、何度か会ううちに理想と現実のズレを感じ始めることもあります。
お互いに「思っていた人とは違う」と感じたら、会うことが苦痛になるかもしれません。そうなると、連絡する頻度も減り、自然に会う回数も少なくなるでしょう。


毎日連絡している

毎日のように連絡を取り合っていると、話題も途切れてきますよね。そのため、LINEや電話を四六時中しているカップルは、長続きしないのかもしれません。
最初のうちは、ただ声が聞きたくなって電話をすることもあるでしょう。それも聞き慣れてくると、気持ちも冷めてくるものです。


どちらかが束縛する

大好きな彼だからといって、相手の行動を監視するようなことはありませんか?あなたも、もし彼からの束縛がひどいと窮屈に思いますよね。
とくに男性は、束縛されると余計に相手と距離を取りたくなる傾向があります。お互いに自由を尊重できる関係でなければ喧嘩も多くなり、別れにつながるでしょう。

短命カップルは、最初から気持ちが盛り上がりすぎて会いすぎたり連絡も多すぎることが、どのカップルにも共通する行動です。カップルは、あまりベッタリしていると、すぐに冷めやすいもの。
程よく距離を取ることが、短命カップルにならずに済む秘訣といえるでしょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/6 11:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます