もう待ちきれない!男性の告白を誘う【最後の一押し】って?♡

拡大画像を見る


今日は、「そろそろ告白してくれてもいいんじゃないかな~」ともどかしく感じるタイミングで使える最後の一押しをご紹介したいと思います。
「告白され待ち」の状況を一気に打破してください!


今まで男性任せだったことをやってみる

一番シンプルで効果的な告白の誘い方は、デートに誘ったり、LINEを送ったりなど「今まで男性任せ」だったことを自分からやってみることです。
こうやって自分から積極的にアプローチする姿勢を示せば、「脈アリだよ~」というメッセージを分かりやすく伝えられるので、「告白しようかな、どうしよっかな」と思っている男性の背中をポンと押してあげることができます。


デートの延長をお願いしてみる

「告白したいかも。あとはタイミング次第」と思っている男性には、「どうぞ告白してください」と言わんばかりに告白用の時間と場所を与えてあげるのが一番手っ取り早いです。
例えば、デートの最後に「10分だけ、ちょっと公園とか行ってお話しない?」みたいにおねだりをしてみるなんてのが良いでしょう。
告白を迷っている男性からすれば「今告白しなかったら、いったいいつするんだ!」というほど絶好の告白チャンスですので、告白を呼び込むには最善の一手です。


「忙しくなるかも~」

何度デートをしても、最後の一押しをなかなかしてくれない奥手な男性に対しては、「私、来月から仕事がちょっと忙しくなっちゃうかもなんだよね~」みたいなことを言って、「だから早く告白しとかないと、チャンス逃すかもよ?」とさりげなく催促をするというのも賢いやり方です。
男性が告白のタイミングを迷う理由としては「そろそろ告白したいけど、なかなか決め時がない」というのが大きかったりしますので、こうやって「後がない」状況をあえて作り出すのはかなり効きます。
脈アリだからって簡単に告白ができないシャイな男性を相手に恋をするときには、こうやってさりげなく手を差し伸べてあげることができるとうまくいきやすいです。
ぜひ、「告白されそびれる」なんてもったいない事態にならないようにね!(遣水あかり/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/6 12:31
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます