【難読】“けんしい”? 「喧しい」の読み方

拡大画像を見る

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「喧しい」の読み方です。

“けんしい”ってなに? と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「喧しい」の読み方は?

「喧」は喧騒と読むので、“けん”という読み方は知っている人もいるでしょう。

しかし、これに送り仮名の「しい」をつけて“けんしい”とは読みません。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“やかましい”と読みます。

■「喧しい」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「喧しい」の意味は以下のように解説されています。

やかまし・い【×喧しい】

[形][文]やかま・し[シク]

1 声や物音などが騒がしい。うるさく、不快である。「工事現場の―・い音」

2 いろいろの人が話題にして騒がしい。また、評判が高い。「世間が―・い」

3 こまごまとしていて、めんどうくさい。また、小言が多くてわずらわしい。「何事にも―・い人」「書類の手続きが―・い」

4 きびしい。「しつけに―・い家庭」「規則が―・い」

5 好みなどが気むずかしい。「食べ物に―・い人」

→煩 (うるさ) い[用法]

[派生]やかましがる[動ラ五]やかましげ[形動]やかましさ[名]

うるさい、騒々しいといった意味合いで使う、絶対に聞いたことがある言葉ですよね。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「喧しい」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。言ったことや聞いたことはあっても、漢字で見る機会はなかなかない言葉ですよね。

「喧しい」は、“やかましい”以外に“かまびすしい”という読み方もあるので、気になった方は調べてみてくださいね!

(ななしまもえ)

関連リンク

  • 11/6 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます