AKB48横山由依、ほぼすっぴんで表紙 卒業メモリアルブックのタイトルも解禁<深夜バスに乗って>

【モデルプレス=2021/11/06】AKB48の横山由依が11月27日に発売する卒業メモリアルブックのタイトルが「深夜バスに乗って」に決定。さらに、表紙写真も公開された。

◆横山由依、卒業メモリアルブックのタイトル&表紙解禁

2009年9月20日に「AKB48の9期生オーディション」に合格した横山。2015年12月8日から2019年3月31日までAKB48グループ2代目総監督を務めた彼女が約12年間のAKB48としての活動に幕を閉じ、卒業することを発表した。

11月27日にパシフィコ横浜で卒業コンサート、12月9日にAKB48劇場で卒業公演を行う。卒業を記念して、卒業メモリアルブックを卒コンと同じ11月27日に発売する。

タイトルは、コンサートタイトルと同じ、「深夜バスに乗って」。このタイトルは、横山がAKB48の仮研究生時代に毎週末、京都から深夜バスでレッスンに通っていた有名なエピソードから来ている。深夜バスに乗って始まった12年間のAKB48生活は、12月9日にAKB48劇場で幕を閉じる。

表紙の写真は、握手会で通い慣れた場所・幕張のホテルで爽やかな陽光を窓越しに浴びている、ほぼすっぴんの写真になる。

◆横山由依、卒業メモリアルブック「深夜バスに乗って」

12年間を凝縮した卒業メモリアルブックは、60ページに及ぶ撮り下ろしに加え、12年間の軌跡を振り返る「ゆいはんHISTORY」、現総監督の向井地美音との対談、総合プロデューサーの秋元康氏との対談も掲載。

また、卒業生、現役メンバーをはじめ、たくさんの方からのメッセージや思い出写真も満載。ほかに1万字インタビュー、名言など、横山のAKB48の歴史が詰まったメモリアルな内容となっている。

◆横山由依コメント

横山は「卒業のメモリアルブックを出すことが決まって本当に嬉しいです。通い詰めたレッスン場やレコーディングスタジオ、劇場など思い出の場所を巡りながら撮影したり、私の12年の思いがぎゅっと詰まった一冊になっています」と紹介。

「タイトルの『深夜バスに乗って』には、京都から東京に通っていた16歳の頃の思い出と、これからも忘れてはいけない気持ちが込められています」と明かし、「表紙に選んだ写真は、あまり写真ではお見せすることがない、ほぼすっぴんの私です。等身大の自分が映っていてお気に入りの一枚です」とコメントした。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/6 12:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます