ヤリ捨てられたり、振り回されたりする恋愛をしてはダメな時代なのか

by Abbat

突然だけど、あなたは誰かに、焼きマロ(送信されたメッセージをAIが閲覧し、攻撃的な文言を含むものを削除した上で、ポジティブなメッセージだけが届くようにするサービス「マシュマロ」において、AIの閲覧をくぐり抜けて届いてしまった毒入りメッセージのこと)を送ろうと思ったことはあるだろうか。私はというと、さすがに本当に送ろうと思ったことはないけど、送りたくなってしまうほどに苦しい心境は、十分に理解できるつもりでいる(すみません、またも二次創作界の話をしています)。

どういうときに「焼きマロを送りたいと思うほどに苦しい心境」が理解できるかというと、やっぱり、地雷カプを目にしてしまったとき。自分の推しカプがA×Bだったとして、相手違いのA×Cのカプを目にしてしまったら──もちろん、目にしてしまっただけなら解釈違いはどうしようもないので別にいいのだけど、A×C推しの人がBをないがしろにしているようなツイートを見てしまったりすると、私の場合はどこにもぶつけようのない激しい怒りと深い悲しみに襲われる。そういうときに、本当に実行しちゃダメだけど、人によっては「焼きマロ送ったろか」という心境になることは、話としては全然わかる。いや、ここ、笑うところではなくてマジなのだ。いい年こいて二次元にそこまで心を揺さぶられて大丈夫なのか!? というツッコミはごもっともだが、ていうか私自身もたまに自分で自分に引いているが、でもしょうがない。だってそうなんだから。

ヤリ捨てられたり振り回されたりする恋愛は、しちゃダメなのか

仕事や家事が手につかなくなるほどの、激しい怒りや深い悲しみ。10〜20代の頃は主に恋愛で味わっていたそのジョットコースターのような感情を、結婚や出産を経て、すでに手放してしまったという30代の女性は少なくないと思う。私自身も、結婚も出産も経てないけど、(三次元の)恋愛でそういう気持ちに襲われることは、今となってはほとんどない。でも、手放してしまっただけならいいけど、いまだに恋愛に囚われ情緒不安定になったり激しく心を揺さぶられたりしている人を、「精神的に自立できていない」とか「大人として失格」とかっていうふうに見たりするのは、まあ、どうなんだろうか。結婚につながる恋愛だけが「正しい」恋愛で、ヤリ捨てられたり振り回されたりする恋愛は、しちゃダメなのだろうか。そういうのって、今の時代はもうカッコ悪いのだろうか。

夏に、バレエダンサーのセルゲイ・ポルーニンが主演を務めた映画『シンプルな情熱』を観た。主人公は、大学で講師をしている40代のシングルマザー。彼女は経済的に自立しているし、大学の講師だけあって知性も教養もある。フェミニズムへの造詣も深い。だけど、ポルーニン演じる年下の既婚者と、前後不覚になるほどの恋に落ちるのだ。息子の世話もおざなりになって、スマホの通知ばかりを気にしている。彼女を見たら、「子供の世話が後回しになるなんてあり得ない」とか、「いい年してスマホばかり気にするような不安定な恋愛をするなんて」とか、いくらでもバッシングは思いつくだろう。でも思い出してほしいのは、明日あなたが、私が、再びそういう恋愛に落ちる可能性は、この後何年経っても、何を経験しても、絶対にゼロにはならないということ。それはほとんど、事故や災害のようなものだから。

感情のジェットコースターに苦しんでいる人に勧めたい本

と、偉そうなことを言ってみたが、実は私も初見のとき、この映画の主人公に対して「あんた、それってどうなの?」と思ってしまった側の人間である。でもそこで思い直したのだ、今までそんなにアニメとか見るほうじゃなかったのに、急に推しカプができてしまった自分のことを。電車を待っているときにふと涙が溢れそうになったり、焼きマロを送る人の気持ちがわかる自分になってしまったことを。正しくない、くだらない、カッコ悪い。すべてわかっていて、それでもまだ激しく心を揺さぶられる自分がいることを。本当に、明日は我が身だ。「それって自立できてない証拠だよ」なんて、まあ、簡単に他人に言わないほうがいいよなと思う。

最後になってしまったけど、今、二次元でも三次元でも感情のジェットコースターに苦しんでいる人がいたら、私はロラン・バルトの『恋愛のディスクール・断章』を勧めたい。

「嫉妬する私は四度苦しむ。嫉妬に苦しみ、嫉妬している自分を責めて苦しみ、自分の嫉妬があの人を傷つけるのをおそれて苦しみ、嫉妬などという卑俗な気持ちに負けたことで苦しむのだ。つまりは、自分が排除されたこと、自分が攻撃的になっていること、自分が狂っていること、自分が並の人間であることを苦しむのである(p.221)」。


「焼きマロ送ったろか」の苦しい気持ちを、ロラン・バルトがまさに表現してくれている。この他にも、今まさに辛い気持ちでいる人に届く言葉がたくさんある。あなたの心情に寄り添ってくれる表現も、きっとある。

苦しい気持ちでいる人にも、そんなものはもう手放してしまったという人にも、『シンプルな情熱』と『恋愛のディスクール・断章』は、ぜひ目を通してみてもらいたい。

不条理で不合理なことをどこまで許せるか。それは、人生のゆとりになると思う。

Text/チェコ好き(和田真里奈)

初の書籍化!

チェコ好き(和田 真里奈) さんの連載が書籍化されました!
『寂しくもないし、孤独でもないけれど、じゃあこの心のモヤモヤは何だと言うのか -女の人生をナナメ上から見つめるブックガイド-』は、書き下ろしも収録されて読み応えたっぷり。なんだかちょっともやっとする…そんなときのヒントがきっとあるはずです。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/6 11:00
  • AM

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます