Travis Japan、異例の「2022年デビュー宣言」の裏に美 少年と「あと17か月」のタイムリミット!

拡大画像を見る

 ジャニーズJr.内の7人組グループ・TravisJapanが主演を務める舞台『虎者 NINJAPAN 2021』の東京公演が11月3日、新橋演舞場で幕を開けた。

 川島如恵留(26)、七五三掛龍也(26)、吉澤閑也(26)、中村海人(24)、宮近海斗(24)、松倉海斗(23)、松田元太(22)のメンバー7人は、開演を前に報道陣の取材に応えた。

「取材ではリーダーの宮近が舞台への意気込みを語る場面があったほか、グループのデビューについての話も出ました。

 2022年がグループ略称“トラジャ”にも縁がある寅年とあって、来年の目標を聞かれると川島が、“目標は大きく、CDデビューがしたいです!”と宣言。中村も“寅年はトラジャの記念の年になったらいいなと思います。そこへ向けてどんな努力ができるかだと思うので、全力で何かをつかみに行きたいです”とコメントしました」(女性誌記者)

 ジャニーズJr.として一番の目標であるデビューへの意欲が口にしたわけだが、これに、意外な反応があったという。

「4月10日に行なわれたトラジャの全国ツアー東京公演でも、松田が“デビューしますという強い気持ちがある。待っていてください”と話しています。トラジャがデビューへの意欲を公で語るのは初めてではないのですが、ただ今回の“堂々宣言”にはファンも驚いているようですね」(前同)

■トラジャに“先行する”美 少年

 今回のデビュー宣言に対しては、「トラジャがマスコミの前でデビューするぞ!って言ったこと今までにあったっけ?」「トラジャがあんなにはっきりとメディアの前でみんなの声でデビューするぞ!って言ったことなくない」「トラジャこんなにデビューの話メディアで取り上げられてるの初めてじゃない?」といった反応がネットにも寄せられている。

「トラジャが、取材陣の前で堂々とデビュー宣言をしたのは、今、彼らが置かれている状況が関係しているかもしれません。

 ジャニーズ事務所では、11月12日になにわ男子のデビューが決まっていますが、実は彼らよりも前に滝沢秀明副社長(39)が面倒を見ている美 少年が先にデビューするともささやかれていたんです」(ワイドショー関係者)

 2020年12月23日付の『FRIDAYデジタル』では、水面下でレコード会社の話し合いが行なわれており、2021年にも美 少年がデビューする予定だったと伝えている。

「いつデビューが決まってもおかしくなかった美 少年でしたが、2020年12月20日付の『文春オンライン』で、メンバーの佐藤龍我(18)とモデルの鶴嶋乃愛(20)の“お泊まり愛”が報じられ、一定期間の活動自粛処分が下されてしまったことで、デビューは立ち消えになってしまったといいます。

 それもあり、先になにわ男子がデビューすることになったといいますが、美 少年の早々のデビューは既定路線。なにわ男子の次に美 少年が来るのは間違いないと見られています。トラジャがデビューするにしても、美 少年がデビューするのを待ってから、となりそうなんです」(前同)

■メンバー全員が“定年以上”

 美 少年がデビューすれば、いよいよ次はトラジャとなるのかもしれないが、待ってばかりはいられない事情もあるという。

「ジャニーズ事務所は1月16日、ジャニーズJr.に“定年制度”を導入することを発表しました。満22歳になって最初の3月31日までに、タレントとジャニーズ事務所が話し合いをし、活動継続について合意に至らない場合は活動を終了するという制度で、2023年3月末に適用されるといいます。

 適用まで約17か月とタイムリミットが迫っている制度ですが、トラジャはすでにメンバー全員が22歳以上で、のんびりと“美 少年の次”を待っていられる状況でもないんです」(前出のワイドショー関係者)

 こうした中で、トラジャメンバーから、2022年の寅年でのデビュー宣言が飛び出したわけだ。

「トラジャとしては“なにわ男子の次は美 少年”という流れを変えたいところではないでしょうか。今回の取材陣の前でのデビュー宣言のように、アクションを起こして少しでも流れを自分たちに引き寄せたい、そうした思いもありそうです」(前同)

 次に夢をつかみ取るのはトラジャか、はたまた美 少年なのか。はたして……!?

関連リンク

  • 11/6 7:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます