それは時間の無駄かも。付き合っても長続きしないカップルの共通点

拡大画像を見る

長く続くカップルとそうでないカップルには、どんな違いがあるのか気になりますよね。ここでは「付き合っても長続きしないカップル」の共通点をご紹介します。彼と長くラブラブでいたい方は一緒にチェックしていきましょう。


求めている連絡の頻度にズレがある

人によって、心地よいと感じる「連絡の頻度」には違いがあります。そこが一致していないカップルは、すぐに別れてしまう傾向にあるようです。彼女は「24時間でも連絡を取り合っていたい」と思っていても、彼氏は「寝る前だけでいい」と思っていたら、どちらかに不満が溜まってしまいますよね。連絡を取り合いたい頻度はしっかり話し合っておくと、ケンカになるのを回避できるでしょう。


どちらかが過干渉や束縛をしがち

過干渉や過度な束縛は別れの原因になりがちです。どちらか片方がすぐに束縛してしまうタイプの場合は、別れも早いでしょう。束縛や干渉をされている側は「一緒にいても居心地が悪い」と感じて、別れを考えるようになってしまいます。限界が来るのも早い場合が多いでしょう。


インドア派とアウトドア派

毎週アウトドアを楽しみたい彼氏と、インドアでゆったり過ごしたい彼女......。普段の過ごし方に大きな違いがあるカップルも、長続きしない傾向にあるようです。お付き合いしたら一緒に楽しいことをしたいと思うのは自然な心理。しかし「楽しいと感じること」に違いがあると、一緒に過ごしていても充実感を得られないことが多いのです。


お互いをよく知らないまま付き合い始めた

見た目だけに魅了されて付き合った場合や、勢いで交際スタートした場合は長続きしないケースがあります。お互いのことをよく知らないまま付き合い始めたカップルは、徐々に相手の嫌なところが見えてくると「思っていたのと違った」と感じてしまうでしょう。「この人となら続きそう」と感じたパートナーとなら、付き合ってからもギャップが少なく長続きするでしょう。
付き合っても長続きしないカップルには、さまざまな共通点があるようです。ご紹介した内容をもとに、彼との相性をチェックしてみてくださいね♪
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/6 7:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます