高畑充希 艶やか着物姿で登場 テンション上がる「目が幸せ」

拡大画像を見る

 女優の高畑充希(29)が5日、都内で行われたWOWOWの主演ドラマ「いりびと-異邦人-」(11月28日スタート。日曜、後10・00。全5話)の完成報告会見に着物姿で登場した。

 美術館の副館長を務めるヒロインが、無名の天才画家を売りだそうとするうちに画壇の闇に触れていく、作家・原田マハ氏の小説が原作。京都が舞台とあって劇中でも着物を着用した高畑は「単純にテンションが上がります。目が幸せです」と笑みをこぼした。

 画家を演じた松重豊(58)の怪演も話題。高畑ら共演者たちは「怖かった」と口をそろえ、苦笑いの松重は「あり得ない修羅場を演じなきゃいけなかったので難しかった」と振り返っていた。

関連リンク

  • 11/6 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます