千葉LのFW大滝麻未、第一子の出産を報告「これからが大きな挑戦になりますが…」

拡大画像を見る

 ジェフユナイテッド市原・千葉レディースに所属するFW大滝麻未が、第一子となる男児を出産した。5日にクラブ公式サイトを通じて発表している。

 大滝は2021年5月に妊娠を報告。5日に第一子を出産した。なお、復帰の時期については決まり次第発表される。

 現在32歳の大滝は、リヨン(フランス)や浦和レッズレディース、EAギャンガン(フランス)でプレー後、2015年に一度現役を引退。2017年夏にパリFC(フランス)で現役復帰を果たし、ニッパツ横浜FCシーガルズを経て、2019年から千葉Lに所属している。また、2012年と2013年には日本女子代表(なでしこジャパン)でもプレーした。

 大滝はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。

「11月5日に、第一子を無事出産いたしました。妊娠をご報告させていただいてからここまで支えてくださったクラブ関係者の方々、応援してくださったファンサポーターの皆さん、そして何よりいつも近くで支えてくれたチームメートには感謝してもしきれません。こんなにも沢山の方々に応援してもらえた我が子は本当に幸せ者だなと感じています」

「これからが大きな挑戦になりますが、一日でもピッチの上で元気な姿をお見せできるよう、母親としてもサッカー選手としても日々成長していきたいと思っております。引き続き我が子を含め、ジェフファミリーをご声援いただけたらとても嬉しいです!」


大滝麻未が出産報告「無事元気な男の子を出産しました!」




  • 11/5 19:16
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます