シニア層の通勤再開が顕著、30~40代がもっとも控える傾向

拡大画像を見る

 JR東日本は、コロナ禍が朝の通勤時(7時~10時と設定)の山手線駅の利用にどのような影響を与えたか、乗客が改札を通過した時に記録されるSuicaのデータを統計処理・分析することで調査した。調査対象期間は2020年1月から2021年9月まで。

 調査の結果、東京中心部に通勤する乗客は大幅な減少傾向が継続。感染状況により波はあるもののコロナ前の50~70%程度で推移していることがわかった。性年代別の状況は、男女とも30代・40代が通勤を最も控えている傾向。若年層よりシニア層の減少率は比較的少なかった。また、1月以降の回復傾向も顕著だった。
 山手線主要駅の利用状況を見ると、減少率は駅ごとにばらつきがあり、品川駅の減少率が最大(5割強)となった。「オフィス駅」では減少率が高く、小売・飲食などの店舗従業員の割合が多い「商業駅」では減少率が低かった。2021年7月はやや回復傾向にあった。なお、山手線東側の東京駅、新橋駅、品川駅は「オフィス駅」、渋谷駅、新宿駅、池袋駅、上野駅は「商業駅」の特徴が強い。
 ピーク時間帯とオフピーク時間帯の利用者数を比べると、朝のピーク時間帯はオフピーク時間帯より各駅とも減少率が大きく(渋谷駅を除く)、ピーク時間帯からのシフト傾向がみられる。
 通勤回数の変化について、2020年1月に東京駅着の定期券を利用していた乗客のうち、2020年10月も同区間を朝通勤時間帯に利用している乗客を対象に分析した。定期券を購入せず同区間を都度利用している乗客の利用は、月1~5日(平均すると週1日以下)が最も多かった。定期券購入が割安になる16日以上の同区間都度利用者数はほとんどみられなかった。

関連リンク

  • 11/5 18:35
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます