「君は選択できる自由を持っている」前を向く言葉と10代の約束

ラジオの中の学校、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」。11月4日(木)の放送では、番組の掲示板に書き込まれた投稿から気になるものを取り上げ、パーソナリティのこもり校長とぺえ教頭が直接その話を聞いていく『掲示板逆電』をお届けしました。その後編。
●前編はこちら



今回電話をつないだは、15歳の女性リスナーです。中学3年生ですが、家庭の事情で勉強が手につかなくなり、2年生の終わりごろからあまり学校には行けていないといいます。前編では、22時台のやり取りを紹介。校長、教頭が現在の状況を話すリスナーの言葉に耳を傾け、番組で気持ちを打ち明けてくれたことに「ありがとう」と伝える場面がありました。23時台の放送では、校長と教頭から、リスナーのこれからへと続くメッセージが送られました。



こもり校長:もう1回言うけど、話してくれてありがとう。

リスナー:聞いてくれてありがとうございます。

こもり校長:書き込みに『つらいものはつらいです。どんどん自分が嫌いになっていきます』ってあったけど、自分はこうしたい、とか、こうなりたい、という思いはあるの?

リスナー:う~ん……ちゃんと求められる人になりたいです。

こもり校長:なるほどね。やりたいこととか夢とかはあるの?

リスナー:普段、小説を書いていて、それを続けていけるような職業に就けたらな、と思います。

ぺえ教頭:へぇ~……!

こもり校長:どのくらい書いているの?

リスナー:6歳のときに初めて書いて、それからずっと書いています。短編とかも合わせたら何十個も……。

ぺえ教頭:すごいね。

こもり校長:おうちの中では書けているのかな?

リスナー:(内容が)自然と暗い感じにはなっているんですけど、少しずつネタを書き留めて、書こうと思えたときに書ければなと思っています。

ぺえ教頭:うん、でもその正直な気持ちが本になったら救われる人もたくさんいそうだし、私たちももちろん読みたいしね。

こもり校長:読みたいね。どういう言葉を書くのか知りたいよね。ネタを書き留めているときは、どういう気持ちなの?

リスナー:そのときは、自分のなかでもすごくイキイキしています。

こもり校長:自分の頭の中にあることや感情を言葉にしたら、整理がついたりするのかな?

リスナー:けっこうあります。

こもり校長:そうか……いいね。そこに自分の世界があるんだね。

ぺえ教頭:向き合うことにもなっているよね。



こもり校長:いろいろ話を聞かせてもらったけど、いまは家にいるという選択でつらい思いをしていると思うわけ。「つらかったら休めばいいよ」とか言うけど、休むのもつらかったりするんだよな……。つらいものを遠ざけて自分を楽にしようとしても、それはそれでつらいこともあったりするから。

ぺえ教頭:うん。

こもり校長:校長が思ったのは……今俺たちが生きている世界で、身の回りで、何かが起こって選択を強いられたときに、自分で行動を起こすことができるのが自由だと思っているんだよね。さっき「何もかも全部終わりにしようと思った」と言っていたけど、その一歩を進まない選択をしたわけじゃん。

リスナー:はい。

こもり校長:やっぱり俺たちは自由なんだよね。自分の選択ひとつでいろんな道を歩めると思っていて。

ぺえ教頭:うん……。

こもり校長:この世の中には、つらいことはいっぱいあるし……もしかしたら、つらいことのほうが多いんじゃね~かなと思う。

ぺえ教頭:そうね……。

こもり校長:でも、それだけがすべてじゃないし、自分で選択できる自由を……自分の進みたいほうにどんどん進めるという自由を持っているのよ。それで選んだ道が苦しいこともあると思う。

リスナー:はい。

こもり校長:ネタを書き留めているときはイキイキしているって言っていたけど、「書こう!」って誰が思っているの……? って。誰かに言われて書いているわけではないでしょう?

リスナー:はい。

こもり校長:自由なんだよ。これから先もどんどんいろんな選択をすると思うけど、楽しい選択を感覚で覚えていって……たまにはミスって「あ~ヤバい!」って思うかもしれないけど。

ぺえ教頭:うん。

こもり校長:「この選択よかった」「この選択正しかった」「すごく気持ちいい」「楽かも!」というのを感じて、自分で選択して掴み取ってほしいなと思った。

リスナー:はい。

こもり校長:つらいことも嫌になることもあるけど、俺は幸せになってほしいと思う。君が頭の中に浮かぶ言葉を文字にして、世の中に出して、また誰かの心を動かしてほしいと思う。

ぺえ教頭:うん。



こもり校長:今日きっと、俺だけじゃない誰かが、君の言葉で心が動いたと思う。すごい力を秘めていると思うから……約束してほしい。いつか自分の言葉で、また俺たちに何かを届けてほしいと思う。

リスナー:はい……。

こもり校長:それは本なのかウェブなのかわからないけど、また君の言葉で「ありがとう」と言わせてほしい。

ぺえ教頭:うん……今、どんなことを思っている?

リスナー:もう本当に……SCHOOL OF LOCK! に書き込んでよかったな、って思います。

●番組の「学校掲示板」はこちら

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年11月12日(金)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/5 18:10
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます