EL大敗も…ホアキンが“セビリア・ダービー”へ切り替え「気にしていてはいけない」

拡大画像を見る

 ベティスの元スペイン代表MFホアキン・サンチェスが、4日に行われたヨーロッパリーグ(EL)・グループG第4節レヴァークーゼン戦を振り返った。5日付でスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 第3節終了時点で2勝1分のベティスは、4日に行われたEL・グループG第4節でレヴァークーゼンと対戦した。直近のリーグ戦で3失点を喫したベティスは前半終了間際に先制点を許すと、後半立ち上がりにも失点。さらに、試合終了間際にも立て続けに2点を失ったベティスは0-4で敗北し、公式戦連敗となった。

 後半アディショナルタイムにフランス代表MFナビル・フェキルが、相手選手の挑発に乗ってしまい退場処分を受けたことについて、ホアキンは「ナビルは素晴らしい個性を持った選手だけど、こういうことはサッカーを汚す行為にあたるからあってはならないこと」とチームメイトの行動に苦言を呈した。

 また、連敗中のチームについて、ホアキンは「良い流れの後、チームのスタイルを見出せなかった2つの試合があった。問題は結果だけではなく、気持ちが乗らないこと」と言及。続けて「今までのように自分たちのレベルでプレーできなかった。日曜には素晴らしい試合があるから、今日のことを気にしていてはいけない」と7日に行われるラ・リーガ第13節セビージャとの“ダービーマッチ”へ気持ちを切り替えていることを明かした。

関連リンク

  • 11/5 18:03
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます