コロナ禍で行き場を失った「川添ヤギ牧場」の超高品質なヤギ肉&ミルクの直販が開始


高知県南国市にある日本最大級のヤギ牧場「川添ヤギ牧場」の超高品質なヤギ肉やヤギミルクが、EC産直サイト「高知かわうそ市場」に登場。お得なキャンペーン価格で販売中だ。

行く先が危ぶまれる日本最大級のヤギ牧場

「川添ヤギ牧場」は、川添建太郎さんが音楽留学でドイツへ渡った際に美味しいヤギのミルクやチーズが日常的にスーパーに並ぶ様子に衝撃を受け、29歳で南国市にて創業。大学と協力してヤギの飼育やヤギ製品の効果について研究を行い、飼育頭数は600頭を超え、ヤギ牧場としては国内最大規模に。

しかしコロナ禍により、星付きのレストランにも卸される超高品質なヤギ肉やミルクの在庫が増加。


さらに川添さんが2021年7月にくも膜下出血で急死。享年41歳という若すぎる死に、牧場の行く先が危ぶまれている。


そんな中、創業社長の遺志を継いで新たに代表取締役に就任した鈴木理紗さんが“前社長の遺したものを受け継ぎ、今までしてこなかったヤギ肉の直販にもチャレンジする”という想いで、「高知かわうそ市場」でヤギ製品の販売を開始。


鈴木さんは、2012年に夫の転勤を機に埼玉県から高知に移住し、2014年同牧場に就職、2019年に飼育管理責任者に就任した。

自家飼料にこだわった他で得られない味

今回は、自家飼料にこだわり、有名レストランからも「他で得られない味」と評される同牧場のヤギ肉7商品とヤギミルク6商品の合計13商品を、通常よりも大幅に値下げして数量限定で販売。ヤギ肉を一般消費者向けに食べやすいように小分けにして生産者直送をするのは、同牧場としては初めての試みとなる。


「川添ヤギ 肩ロース(フレンチラック)」400〜500g/4,420円(通常価格5,200円)は、レストランでは主にメインディッシュとして使用される高級部位。程よいクセとほのかに香る草の香りの脂に赤身肉の旨味が凝縮されている。


「川添ヤギ ソーセージ2種類・サラミセット」2,423円(通常価格2,850円)は、ヤギならではの味と程よいクセのソーセージ、約1ヶ月熟成して作られるヤギサラミのセット。高知でも指折りの精肉店"松原ミート"が加工を手掛けた自慢の逸品だ。


「高知の山羊ミルク」200ml×5本/1,575円(通常価格1,750円)は、牛乳同様に抵抗なく飲める味でありながら、ヤギミルクならではの風味を楽しめる。特製の配合による自家飼料飼育や、畜舎飼いによるヤギの体調コントロールを徹底することで、一般的なヤギミルクにある臭みを美味しさに変え、栄養価も高めている。牛乳と比較して栄養価が高くアレルギー反応が起きにくいというヤギミルクのメリットはそのままに、誰でも美味しく飲める味わいになっている。

このほかにも多数のキャンペーン商品があるので、「高知かわうそ市場」をチェックしてみて。また、キャンペーン価格商品は数量限定で、在庫が終了した後は通常価格での予約販売となるので、興味のある人はお早めに。

画像をもっと見る

  • 11/5 18:15
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます