中村芝翫 岩崎弥太郎役のため6キロ増量後「膝が痛くて」7キロ減量

拡大画像を見る

 歌舞伎俳優・中村芝翫(56)が5日、東京・国立劇場で出演中の「一谷嫩軍記」(25日まで)を、埼玉県熊谷市のゆるキャラ「ニャオざね」とPRした。

 芝翫は歌舞伎公演のみならず、放送中のNHK大河ドラマ「青天を衝け」でも三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎を好演。「反響が多かったものですから、自分でも驚いて」と心境を語った。

 恰幅(かっぷく)のいい弥太郎を演じるにあたって5~6キロ増量したが「先月(歌舞伎座公演で)『喜撰』を踊ってましたけど、膝が痛くてしょうがなくて」と役作りの苦労を告白。そこから今度は7キロ減量したといい「もっとやせないといけないんですけどね。最近、自転車を買いました。そろそろ国立にも自転車で通おうかな」と苦笑した。

 「一谷嫩軍記」は、一ノ谷の合戦を題材にした時代物の名作。二幕目の「生田森熊谷陣屋の場」は、現在主流の「團十郎型」ではなく、より原作に近く豪快な演出の「芝翫型」で上演される。

関連リンク

  • 11/5 17:56
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます