中居正広が明かしたコレの有る無しでわかる芸能界“向き不向き”

拡大画像を見る

 タレントの中居正広が、10月31日放送のテレビトークバラエティ「中居正広のただただ話すダーケ」(テレビ東京系)に出演。“芸能界で生き抜くスベ”について語る場面があった。

 番組中、「芸能界で生き抜くスベって何?」がトークテーマになり、中居は「今、タレントさんである程度ご飯を食べられている人の中で“向き不向き”で言うと、僕は『ナ・カ・ミ』が大事だと思ってます」と発言。

 中居によると、「ナ」はナルシスト、「カ」はかまってちゃん、「ミ」はミーハー。「タレントさんを見てて、この3つがどれかしらあてはまるのね。全部ある人もいるの。でも 1個だけの人もいる。この3つのうち1個ないとタレントさんはできないのかなと、僕は勝手に思っている」と説明した。

 また自身については、「日頃ナルシストじゃないけども、以前踊ってる瞬間とかライブの中でも、ここはちょっと自分の中でナルシストっていうか、自分に酔わないといけないなってところはあるなって。それは意識して自分でコントロールする感じ」とし、“かまってちゃん”については無いが、“ミーハー”は「自分がこの世界に入る前にテレビに出てる人といま会ったりすると、ちょっとミーハー心が出てくる。たけしさん、さんまさんとか、タモさん。鶴瓶さんもそうだけど」と分析した。

 さらに中居は「この3つあてはまる人もいるのよ。3つあてはまらない人もいる。でも、 たとえば芸人さんでも宮迫(博之)さんとかは“ナルシスト”がある。みんな何かしら(あてはまる)」と話していた。

 そんな視点で見ると芸能人も面白い。

(鈴木十朗)

関連リンク

  • 11/5 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます