アンゴラ村長、“迷走”指摘で広がる「特大バストがもったいない」の声

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・にゃんこスターのアンゴラ村長が「迷走している」とファンをザワつかせている。

「アンゴラ村長は11月1日、自身のインスタグラムを更新。『クリリンの位置にニキビできた人』と綴り、ドアップの自撮りカットを投稿。最近は同じような自撮りカットを連続投稿しており、もはやネタ切れ。惰性ぶりさえ伝わってくるんです」(エンタメ誌ライター)

 ネット上でも「なんか無理にアップしてもなぁ。どうせなら会心の一撃がほしい」「彼女のインスタ、もはやコアなファンしか見てないのでは。せっかく可愛いのに素材がもったいないよね」「どうせならもっとサービスしてくれればいいのにな。このまま消えちゃうのか?」といった指摘があがっている。

「にゃんこスターは2017年の『キングオブコント』で決勝に進出し、リズム縄跳びで大ブレーク。一時はテレビやCMに引っ張りだこでしたが、最近はその勢いも衰え、すっかり存在感が薄くなっています。インスタグラムのフォロワーも6.5万人程度で上がり目も見えず、『にゃんこスター』自体のYouTubeチャンネルも投稿頻度が月に1~2本程度で登録者も1.2万人。寂しい限りです」(前出・エンタメ誌ライター)

 そんな中、ファンが期待するのがアンゴラ村長の特大バストだ。

「10月12日に投稿したインスタでは、私服姿で推定Dカップの特大バストの膨らみを堂々披露し、少なからずネット上を沸かせています。過去には水着姿を公開し、『ガチでイヤラしいボディ!』と評判になったこともあるだけに、例えば突如の肌着ボディを披露すれば、人気再燃のきっかけになるかもしれませんよ」(芸能ライター)

 新展開に期待したい。

(ケン高田)

関連リンク

  • 11/5 17:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます